就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

SPI・SHL・ロールシャッハ…性格適性検査の落とし穴を回避しよう

性格適性検査は「検査」じゃない、「答え」を作る作業だ。

性格適性検査を受けると、きまって「正直に答えてください」と書いてあります。
気持ちはわかります。わかりますが、就活でこれに従っていると損します。

就活シーズンになると学生は往々にして、
第一志望でもない企業に「第一志望です!」と胸を張って言っています。

しかし、性格適性検査となると正直に答えすぎている人が多いようです。
だから、損だというんです。

性格適性検査の落とし穴を回避

雑誌の後ろのほうに掲載されている心理テストを受けるのとは話が違います。
就活はビジネスです、プライベートの世界ではありません。(真っ赤な嘘はいけませんが)

「仕事をしていく上で、私はこういう性格で臨みますよ」
という“性格”(カッコ付きの性格とでもいいましょうか)を
適性検査の答案に示すことで、面接との一貫性も保てると思います。

企業が性格適性検査を重視しているか、気になりますよね。
気にしてます、重視しています。

ちなみにこの検査、メジャーなSPI(リクルート社製)は約5000円だそうです。

たかが一人の学生に5000円かけるんです、検査で。
それだけまっとうな結果が出てくると思っているからでしょう。

だったら、その信用する企業側の「相棒」である
検査を味方につけましょう。

なお、この対策は「性格適性検査で素の自分は示さない」という趣旨になっています。
賛同できない方もいると思われますが、そのような方には参考までの情報として見てください。

嘘をつくとバレる?正しい回答の作り方の基本

[hide]好意的・肯定的な回答を選ぶとだけ書きましたが、
回答を作る手順としてまず
「常識で考えられない選択肢は選ばない」ということが求められます。

その上で、「必ず」とか「よく」とか「ごくたまに」など、
性格適性検査によくある言い回しに注意して答えを選ぶようにしましょう。
そして何より、仕事で心がける特性を回答するのがコツです。

なお、最後には、全体を見通して類似質問に対して
ある程度回答が統一されているかを確認するようにしましょう
(一貫性の確認)。

たとえば、A・Bから選ぶ以下のような質問(行動力についての性格を見極める設問)は
どのように答えますか?

  A:自分から先にやるほう B:人の後でやるほう
  A:てきぱき物事に取り組む B:取り掛かるまでに時間かかる
  A:物事に挑戦するほう B:安全策をとる
  A:決断は早いほうだ B:決断するのに時間がかかる

「行動力がある」自分を見せようとする場合、すべてAに回答するのが相応しいでしょう。

「A:自分から先にやる」と答えているのに
「B:決断するのに時間がかかる」と答えたら矛盾しているように見えます。
矛盾は極力避けるようにしましょう。

しかし、性格適性検査のすべての質問に同じ回答をすると、極めて不自然な結果が出てしまいます。
これを避けるため、逆の答えを選ぶ選択肢をエントリーシートに書かれた自分と合致することも重要ですが、
1回の性格適性検査内でも回答が統一されるようにしましょう。

また、ライスケール(虚偽判定質問)に引っかからないことも大事です。
例えば、「今までにうそをついたことはない」「風邪をひいたことは一度もない」などの質問。

少しでも良く見せたいと思って、これらを「はい」と答えがちな人もいます。
しかし、生まれてこの方うそをつかずに生きてきた人などいないでしょうし、
風邪をひかなかった人もいないでしょう。

これらの質問は、受験者の嘘つき度合いを確かめるものなので、注意してください。

性格適性検査の種類

性格適性検査には、主に、性格をストレートにきくアンケート形式のものと、
作業を行ったり(クレペリン)・絵を見てイメージしたことを答えたり
(ロールシャッハ)するものと2通りに大別されます。

まず、アンケート形式のものでシェアが大きいのはSPIや
SHL(日本エス・エイチ・エル)、それにYG検査があります。

次に、作業などを行う代表格としてクレペリンとロールシャッハがあります。
これらは、非アンケート形式の性格適性検査として一括りにしました。

クレペリンは、簡単な計算を一定時間行わせることで、いかに多くの作業をこなせるかと、
どのように作業を行う性格なのかを見定めるもの。

ロールシャッハは、左右対称に作られた「インクのシミ」からどのようなものを
イメージしたかを問うことで性格を分析しようとする検査です。

どちらも、対策を簡単に述べるならば、「好意的・肯定的な回答を優先しよう」ということです。
では、試験ごとに対応法を考えていきましょう。

いろいろある 性格適性検査

<SPI>

9000社で使われたという検査です。尺度は、行動的側面・意欲的側面の3つです。
それぞれの尺度は、リクルートマネジメントソリューションズ社のHPに掲載されています。
それによりますと、

・行動的側面
―日常の行動特徴として表面にあらわれやすく、周囲から観察しやすい側面

【尺度内容】
  ●社会的内向性:対人接触面での積極性、社交性
  ●内省性:ものごとを深く考えることを好む傾向
  ●身体活動性:体を動かし、気軽に行動することを好む傾向
  ●持続性:粘り強く、コツコツと頑張り抜く傾向
  ●慎重性:先行きの見通しをつけながら、慎重にものごとを進めようとする傾向

・意欲的側面
―目標の高さや活動エネルギーの大きさなど、いわゆる意欲に関する側面
 難問や競争的な場面に対峙するパワーをどの程度もっているかがわかる。

【尺度内容】
  ●達成意欲:大きな目標を持ち、第一人者になることに価値を置く傾向
  ●活動意欲:行動や判断が機敏で意欲的な傾向

・情緒的側面
―気持ちの動きの基本的な特徴をあらわす側面
 ストレスや失敗の受けとめ方や気持ちの整理の仕方と関係が深く、
 行動にあらわれにくい内面的な気持ちの動きがわかる。

【尺度内容】
  ●敏感性:神経質で、周囲に敏感な傾向
  ●自責性:不安を感じたり、悲観的になりやすい傾向
  ●気分性:気分に左右されやすく、感情が表にあらわれやすい傾向
  ●独自性:独自のものの見方・考え方を大切にする傾向
  ●自信性:自尊心の強さや強気な傾向
  ●高揚性:調子のよさや楽天的な傾向

となります。[/hide]
試験形式は、イエス・ノーを答えていく単純なものです。

対策としては、これらの尺度の意味を理解し、どれを高くするか定めていくわけですが、
どの職業にも共通して高くなければ困る指標は、

  ・身体活動性
  ・持続性
  ・慎重性
  ・達成意欲
  ・活動意欲 でしょう。

たとえば、身体活動性は、「身体を動かすことが好きだ」
「仕事が早いほうだ」などの設問でイエスを答えるべきでしょう。

持続性は「忍耐力がある」にイエス、
一方、「飽きっぽいほうである」にノーと答えるべきでしょう。

また、達成意欲は「どんなことでも少しでもうまくやりたい」や
「目標を立てて行動するのが好きだ」などにイエスと答えるべきでしょう。

逆に、共通して低くなければ困るのが、

  ・社会的内向性
  ・敏感性
  ・自責性
  ・気分性  などでしょう。

たとえば、社会的内向性。「人見知りするほうだ」にイエスと答えるような人を採用して、
営業職に就かせることは至難でしょう。「あまり社交的な性格ではない」と答えられたら
企業内でコミュニケーションをうまくとることができるのか不安が残ります。

また、敏感性、細かいことを気にするほうだとか自責性なども落ち込みやすいだといった設問がありますが、
基本的にこれらの値が強く出過ぎると消極的なイメージを与えることになるので、
基本は「ノー」を選ぶよう心がけるべきです。

これら以外の指標については、イエス・ノーを織り交ぜてほどよく真ん中程度に来るようにすると、
問題の少ない人材という検査結果が出ます。

<SHL・YG検査>

SHLも同じような検査ですが、指標は30あります。指標が30もあると、
どれを高くして・・・とマニュアルめいて言うのは非現実的です。

SPI2と基本は変わりません。これに、「数値志向(数値やデータを扱うのが好きだ)」
「アート志向(芸術に関心がある)」などの指標が加わっているのですが、
これらは自分の志向と企業が求める人材像を想像してどのように答えるべきかわかると思います。

ただ、「リラックス(緊張度)」「心配性」「精神的タフさ」「精神安定性」などの
指標がうかがえる質問には、SPI2のときと同じように答えていく必要があります。

YG検査とは、YG性格検査とは、矢田部さんとギルフォードさんが開発した性格検査です。
120問の質問を使って検査します。尺度はSPI2で慣れていればだいたいわかると思います。

「人の世話が好きである」というような性格に関する質問などが1番から120番まで並んでいます。
この質問に、「はい」「いいえ」「どちらでもない」の答えから選択するものです。
ウエブ上でも検査を体験できるサイトがありますので(http://ex.senmasa.com/ygtest.php など)試してみてください。

YG検査は、12の尺度で構成されます。12の尺度×それぞれ10個の設問です。
1番に質問した設問の尺度は、13、25、37・・・と、12を足していった番号の設問に対応しています。
これがわかっていれば、どの尺度で点数が高くなるようにすべきかわかります。

ただ、いずれの性格検査においても、不自然に回答が一致しすぎているのはよくありません。
適度に正直に答える部分を残すことで、より自然な回答を作ることが出来ます。

<ロールシャッハ>

無意識の部分で学生がどのような性格を保持しているかを探る検査があります。
「投影法」という、インクの染みや絵などを見せたり、
文字を穴埋めする問題を出したりするといったものです。
投影法でよく出されるのは、ロールシャッハテストです。

ロールシャッハさんが20世紀前半に発表したインクの染みのパターンを使った検査です。
インクの染みを見せます。そして、学生がその図のどの部分にイメージを想起させ
どんな図だと解釈したかをみて感情の豊かさや知性などをはかるというものです。

また、人格の特徴までみてしまいます。合計10枚の染みがあり、非公開なのですが、
熊の毛皮を開いたような形とかチョウチョのような形をしている
(ように私は思いますが)染みをどのように見るかで試験されます。

さて、このロールシャッハの答え方ですが、
「肯定的なイメージ」「少し込み入ったイメージ」で回答するようにしておくと、
知的水準が高く情緒が豊かで、精神的に問題がないというような評価を受けることが出来るようです。
パッと見てわかるような単純なイメージを答えると、知能が低いと見られがちです。

つまり、
 まず、否定的な答えを避ける
 次に、好意的解釈のなかで、単純すぎないものを選ぶ
 また、属人的か、属物的か、ある程度の一貫性を持つ
こんな感じでいいかなと思います。

special thanks to 性格検査研究者様

本コラムは、仕事の傍ら、社会人有志メンバーで大学生の就活支援を
行なっていらっしゃる「就活ゼミ」さんから寄稿いただきました。

就活ゼミとは?

「就活ゼミ」は、主に大学生の就職活動を支援しようと、2002年に慶應義塾大学の学生5人で結成された団体です。

ESがまともに書けない…、面接で連敗している…、地方大学でうまく活動できない…、マスコミや商社にいきたいけど…そんな悩みを抱えた学生に向き合ってきました。

中途半端な就職活動、妥協してしまう就職活動にさよならを告げ、自分の未来を真剣に見つめ、高みを目指すためにこの場を活用してください。「就活ゼミ」では、とことん支援しています。

過去コラムはこちら。
https://swot.jp/shinsotsu/

会員登録はこちらから!

会員登録フォームはこちら
 
登録された方には、就職活動やインターンシップに関するイベントや
難関企業・人気企業の参加するプレミアムイベントの情報、
オススメの就活サイトに関する情報などをお送りいたします。

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

Tags: ,

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削