就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活ESでの「長所・短所・趣味・特技」の書き方

エントリーシートや履歴書で書くことになる「長所/短所」や「趣味・特技」。みなさん、何を書いていいのか悩むことも多いのではないでしょうか。

本コラムは、仕事の傍ら、社会人有志メンバーで大学生の就活支援を
行なっていらっしゃる「就活ゼミ」さんから寄稿いただきました。

就活ゼミさんからのその他の寄稿記事は、こちらからお読みください。
就活ゼミコラム一覧

就活生,エントリーシート対策

■就職活動の「長所・短所」とは

現代では少なくなったといわれるお見合いですが、少し前にそれに似たものを経験しました。
そのとき、まず聞かれたのは「仕事内容」、その後に「趣味」でした。
いきなり聞かれて何と答えようか迷ったものですが、偽っても仕方ないので正直に答えました。
たしか、平凡に「読書」だった気がします。

しかし、就職活動はそんな何も考えないやりとりでは心もとない。
なぜか?就職活動における採用面接やエントリーシートの提出というのは、いわば商行為なんです。

あなたという「商品」を買うか、
あなたの側から見ればその会社にあなたの「労働力」を売るか。

それを決める場です。

そうすれば、極力うそはつかない範囲で「儲かる話・お得な話・
利益につながりそうないい話」を提供しなければなりません。

「いい話」を提供するコツとは?

「長所・短所」の説明を、商売で考えましょう。

[お知らせ] こちらのコンテンツは434文字が会員限定となっております。全ての内容を読むには 会員登録もしくはログインをお願いいたします。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、就活入門資料面接対策資料も無料プレゼント。就活カレンダーでES〆切もチェックできます!)

就職活動でも同じことがいえます。

たとえば短所は何ですかと質問されたとしましょう。
このとき、「短所」も裏返せば「長所」になる、そういった意識で話すことで、
かえって自分にとってプラスのアピールができるのです。

「サボり癖があります」などと答えたのでは、損をするだけです。
サボり癖が本当に短所であるのなら、どのように話したらプラスの要素が生まれるか考えましょう。

たとえば、「楽な方法、より簡単にできる方法を考えすぎる」、
うーん、多少無理がありますか。

要は、自分を売り込むためにはどう説明すべきか、何をネタにすべきか、
しっかりと考えて臨む必要があります。

長所を説明する際も、月並みな「リーダーシップがある」「好奇心旺盛である」のようなものでは、
面接官は「またかよ」と嫌気がさしてしまいます。

工夫しましょう。

短所を説明する際は、「見方を変えれば、それって長所でもあるよね?」と
思わせるようなものを話す。これが、スタンダードだと思います。

■就職活動の「趣味・特技」とは

長所・短所でなく趣味・特技の場合はどうか、同様です。
長所・短所のところで書いた内容を応用すれば良いと思います。

つまり、それを話すことで、自分の仕事能力や仕事をしていく上での
人となりがイメージしてもらえるような内容。
しかも、プラスのイメージをしてもらえるような内容というのが適当だと考えています。

趣味欄。読書、音楽のような書き方をする方も多いですが、もう少しわかりやすいほうがいい。
これは、テクニック的な話になるのですが、
要は趣味は?と聞かれて音楽ですと答えた場合、どんな?と再質問がある。

これは、時間の無駄です。

もし、もう少し詳しく書いてあれば、敢えてその欄に突っ込まないで済んだかもしれない。
えてして趣味欄はアピール要素が弱いものです。趣味で仕事能力を計るのは難しい。
だからこそ、趣味の話を延々していても、無駄になる可能性が高いです。

趣味欄の失敗がひとつあります。

私は時折、「献血(56回)」というような書き方をしていました。
面接で聞かれた場合も、「はい、成分献血ですと1時間弱の休養にもなります。
アルバイトまで時間がある、そういう場合に少しでも人の役に立ちながら
読書などに活用できると思い、行きます。」などと、時間を有効活用している点や
人のためになろうというボランティア精神があることをにおわせようと思っていました。

しかし、献血やったことない人ってけっこういます。
で、「痛くないの?」とか、「成分献血って、なんで1時間弱もかかるの」といった、
どうでも良い瑣末な話に終始することもあったんです。三井不動産の最終面接は、
志望動機があやふやだったことと献血話に終始したことが失敗要因だと思っています。

趣味欄を書く上で、注意したいことがもうひとつあります。

それは、軟派すぎる趣味ばかり並べない、硬派すぎる趣味ばかり並べないということです。
バランス感覚を常に持つともいえます。

たとえば、「競馬、日本酒、ゲーム」というような書き方だと、
あまりにも遊びばかりという印象を受けます。

逆に、「読書、コンピュータ、瞑想」などとかかれると(瞑想はないでしょうが)、
極度のインドア派だと思われかねません。

インドア・アウトドア、静かなもの・活発なものと、2つ並べるなら
両面が垣間見えるような書き方をしたほうが良いと思います。

そして特技です。特技も同様です。

一発芸、もありですが。一発芸はリスクが高いことを覚悟してください。
むしろ、もう少しわかりやすい特技のほうが良いのではと思います。

私は、飲み会幹事というのを書いていました。飲み会幹事は調整能力も必要ですし、
人を引っ張っていく力も求められる。
そして、自分の所属する組織である程度の信用がないとこなせないものです。

また、会社に入れば年下連中は概して幹事をおおせつかります。
それを、任せて大丈夫か、そういう仕事外の部分での
仕事能力とでもいうべきものを匂わせるようにしていました。

課題提示

さて、今回の課題です。今回の課題は、長所・短所に絞ったものです。
趣味・特技は後からいくらでも取り繕うことができるポイントであり、
逆に長所・短所は聞かれることも多く早めに対策を練ったほうが良いからです。

【課題: 長所・短所は何ですか?×12】

⇒ちなみに、この課題でエントリーシートに書くものを決めよという意味ではありません。
 これをもとに、現状の自分を把握して、のばすべきところ、改善すべきところを理解して、
 それから自分の能力向上に生かしてほしい、そういう意図で課すものです。

「50」は平均値だと思ってください。不足していると思ったら50よりも
左の0~50で採点する。秀でていると思ったら50~100で採点してください。
その上で、それを実際にうかがい知れる具体的なエピソードを2,3書き込んでおくと、
面接などで説明しやすくなります。

その上で、長所ならばどのように更なる伸張を図るか対策を考えましょう。
逆に短所ならば、どうやって改善すべきかを考えます。
ちなみに、短所をどのように克服したかという実例は、面接やエントリーシートで役立ちます。

[お知らせ] こちらのコンテンツは1360文字が会員限定となっております。全ての内容を読むには 会員登録もしくはログインをお願いいたします。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、就活入門資料面接対策資料も無料プレゼント。就活カレンダーでES〆切もチェックできます!)

寄稿者紹介:就活ゼミとは?

「就活ゼミ」は、主に大学生の就職活動を支援しようと、2002年に慶應義塾大学の学生5人で結成された団体です。

ESがまともに書けない…、面接で連敗している…、地方大学でうまく活動できない…、マスコミや商社にいきたいけど…そんな悩みを抱えた学生に向き合ってきました。

中途半端な就職活動、妥協してしまう就職活動にさよならを告げ、自分の未来を真剣に見つめ、高みを目指すためにこの場を活用してください。「就活ゼミ」では、とことん支援しています。

会員登録はこちらから!

会員登録フォームはこちら
 
登録された方には、就職活動やインターンシップに関するイベントや
難関企業・人気企業の参加するプレミアムイベントの情報、
オススメの就活サイトに関する情報などをお送りいたします。

Tags: ,

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削