就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

面接が不安すぎる?心構えと評価ポイント教えます!【内定塾コラム】


面接では、暗記してきた自己PRを話せば良いわけではありません。
どういった心構えで面接に臨むべきか、どういったことが評価ポイントになるか、簡単にポイントを抑えておきましょう。

今回は内定塾を運営するガクー様より、就活アドバイス記事を寄稿いただきました。

面接に対する心構え

今回から面接対策に入ります。
そして第一回目なのでまずは面接に対する心構えを。
面接に対する心構えと面接での評価ポイント
面接で合格するための心構えは・・・
『言葉のキャッチボールを楽しむこと』

多くの学生さんは、暗記した内容をうまく語ります。

話はすごくうまいし、キレイにまとまっています。

ただ何か伝わってこないんですよね。

うまくは話すけど、想いがこめられていないというか、
面接していて『もっと深く聞きたい』とか、『なんだか面接が楽しいな』とは思わない。

面接官として質問を投げたら、ちゃんと答えを投げ返してほしいし、こちらの投げたボールを投げ返してほしい。

暗記した内容を一方的に話されても伝わらないです。

面接で、合否が決まるけど、もっと気楽に、『言葉のキャッチボールを楽しむ』くらいで望んでほしと思います。

面接時間の全てでカタイ質問をするわけじゃないですし、日本語を話すわけですから。

もちろん、面接は練習しないとダメなんですよ。(ちょっと矛盾するように聞こえるかもしれませんが)

今までの教育において、プレゼンテーションをするってことをほとんどやってこなかったわけですから。

自分をうまく表現(プレゼンテーション)しなければならないのです。

その中でも、言葉のキャッチボールを楽しみながら話せるとどんな企業だって受かりますよ。

だって、そんなヒトと一緒に働きたいですから。

面接で見られる2つのポイント

面接で、あなたがどう見られているのかというと、大きく2つです。
『当社の社員として、会社に貢献してくれそうな人材か?』(会社側の視点)
『来年から一緒に働きたいと思える人材か?』(面接官の視点)
この2点です。
当たり前と言えば、当たり前なんですが、この2点をもう一度頭の中に入れましょう。

1点目の会社に貢献してくれそうか?に関しては、
面接官に『この学生が入社したら○○○○で貢献してくれそうだな』
みたいな活躍するイメージを伝えないとダメです。

なんとなくでもそういうイメージがなければなかなか内定とまではいきません。
そのためには、学生側も自分を採用することでのメリットや、活躍のイメージを伝える必要があります。

2点目の一緒に働きたいか?に関しては、
やはり『良い意味での素直さ』が必要です。
すべてのことに対して言いなりになるのはおかしいですが、上司の指示をしっかりと聞き入れることは新人に求められる要素です。

その他、もしあなたなら『どんな人と一緒に仕事がしたいですか?』
礼儀正しい、笑顔、話をしていて楽しい、気配りができる・・・

そうやって相手の立場で考えてみてください。
このように面接では大きく分けると上記の2点が評価のポイントになります。
相手に何かを伝えるときは、その相手の立場で考えてみるとヒントが得られます。

しっかりと相手のことを考えて、伝え方や伝える内容を考えてみましょう。

面接で印象に残るためには?

面接官の印象に残るためにはどうすれば良いのか?

その一つのヒントが、『表情』です。
ここでの『表情』とは、顔の表情だけではなく、話しているときのジェスチャーのような表現も含みます。(あまり大げさなジェスチャーをしながら話すとかえってマイナスです。)

『メラービアンの法則』というものをお教えします。
表情 55%
声 38%
言葉(言語内容)7%

認知心理学者メラービアンは、人前で話すとき、この割合で全体の印象が決まると分析しています。
つまり、「はい。分かりました」と言うのも、表情と声に気をつけるのと、気をつけないのでは全く印象が違うということです。

ほとんどの人は、話す内容に意識が行き過ぎて、表情も硬く、声も自信のないような声になってしまいます。そうではなく、常に表情に意識して話すようにしてください。
その上で、言葉(内容)がよければ、面接官に良い印象を与えることができるでしょう。

また、笑顔というのは相手をリラックスさせる効果もあります。
相手をリラックスさせ、言葉のキャッチボールを楽しむためにも『笑顔』です。

※編集部注
メラビアンの法則は、厳密には誤用だと言われております。
実際の研究は、こういった場面で使われることまで想定されていません。
就活でも頻繁に引用される知識ですが、パーセンテージまではアテにならないという事は認識しておきましょう。

といっても、面接は緊張して笑顔どころじゃないよ!っていう人へ。

『意識が変われば行動が変わる!』
まさにこれです。

受かる自信を持つことです。絶対、自分は受かる。
こんなに優秀な自分を採用しなかったら、この会社潰れるで!
という感じで、自分自身に『面接に受かる』と何度も言い聞かせることです。
アファメーション(自己肯定)することです。
こうすれば、少しは自信がでてくると思いますよ。

内定塾とは?

内定塾は、全国800名以上の規模を誇る国内最大級の就活塾です。
『学生一人ひとりの正解を導き出す』ことをとても大切にし、
少人数制の講義で就職活動にやる気や不安を感じている皆さんをサポートしています。

http://www.naitei-jyuku.jp/

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

Tags: ,

就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削