就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

【 適性検査 】CUBICとはどんなテストなのか


今回は、適性検査として古くから利用されている「CUBIC」についての紹介です。

CUBICはGDLという会社が作成している適性検査であり、検査時間20分程度の紙媒体のテストです。(ウェブ版の「CUBIC for WEB」というサービスもあります。)

1名から数人など少人数でも利用できることから、小規模な企業でもよく利用されています。

最近は様々な企業が適性検査を作るようになり、種類も増えましたね。
CUBICは20年以上前に作られた適性検査ですが、まだまだ使っている企業は多いです。
導入企業数は3000社以上とのことです。

新卒採用でよく使われていますが、中途採用、既存社員の昇進昇格試験や非正規社員から正規社員への登用に使われることもあるようです。

CUBICはどんなテストなのか?

CUBICは「適性検査」と「基礎能力検査」に分かれています。

適性検査では、個人の資質や特性を『性格』『意欲』『社会性』『価値観』の側面から評価します。
20分の間に123問に回答することになります。

(また、オプションで「一般常識・時事問題」テストが実施される事もあります。こちらは、「国語・歴史・地理・文化・IT・時事」という内容になっています。)

基礎能力検査は、「言語」「数理」「図形」「論理」「英語」の5科目です。

基礎能力検査 + 採用適性検査 で同時にセットで受験する場合もありますが、先に能力検査だけ実施し、選考が進んでから適性検査を実施するなど分割される場合もあります。

CUBIC採用適性検査は、個人の資質や特性を『性格』『意欲』『社会性』『価値観』の側面から評価します。一般的な平均値と比較しながら、個人の特性や個人の全体像が具体的に把握できます。また、多年度の受検者や新入社員の傾向を分析することにより、年度別の特性比較や将来的に”会社が求め、必要とする人物像”を検討することが可能です。新卒・中途採用の適性検査として活用できます。

https://www.gdl-cubic.com/kind/recruit/

ウェブ版に関しては自宅で受験する事もありますが、直感での回答スピードが求められるため検索して「どんな回答がいいか」答えを探すような事は困難になっています。

どんな問題が出るのか?

CUBIC基礎能力検査は『言語』『数理』『図形』『論理』『英語』の5科目・7種類で構成されています。(英語は4種類)

しかし常にフルセットで実施されるわけでなく、企業によって利用するテストの科目・種類が異なるため、組み合わせ次第で難易度も異なってきます。科目は採用職種で変えられることも多いですね。

結果はどのように活用されるのか?

下記は、CUBICが公式サイトで公開しているレポート出力のサンプルです。
このような書類で検査結果が評価され、企業側に提供されます。
これをもとに書類・筆記での選考を行ったり、面接時の参考資料として使われたりします。

また採用時だけでなく、採用後に配属先を決める際に参考にされたり、配置先の管理職に共有されることもあります。

対策について

SPIなどに比べればマイナーなテストであるためCUBICだけに特化して対策している就活本はあまり見かけませんが、一般的な能力検査対策をしていればそれで大体カバーできる内容だと思います。

SPIノートの会の「これが本当のWebテストだ! 」シリーズではCUBICも対策対象に入っていますね。

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削