就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

【耳読書】Amazon運営の「Audible」を試してみた(忖度なしレビュー)


最近、「耳読書」が注目を集めています。
普通、読書と言えば自分の手でページをめくりながら情報を摂取するものですが、耳読書は他の作業をしながらでも情報を得られるため、忙しいビジネスパーソンの間で特に好まれているようです。

耳読書系のウェブサービスはたくさん出てきていますが、代表的といえるのは日本でも老舗といえるオトバンクの「audiobook.jp」や、Amazonが提供するAudibleでしょう。
今回はAmazonのAudibleを使ってみた方の感想をお聞きしてみたいと思います。

Audibleを使った感想は

使ってみた印象ですが、2021年夏時点においてまだまだ発展途上のサービスという印象は拭いきれません。
朗読した音声を販売するというコストがあるので仕方がない部分もあると思うのですが、月会費1500円に対して無料で読めるのが月1冊だけというのは率直な印象として「高いな」と思います。
(会費1500円で、1500円以上の本を選ぶことも可能なので読みたい本の定価が高かった場合はお得な事もあります。また、ストックしていけるため何ヶ月かしてからその本を聴き直すことも可能です。)

他に無料で1冊読めますがそちらはAudible側で選んだ1冊なので、自分が読みたい本である確率は低いでしょう。
その他、ポッドキャスト系の番組は無料で聴けるんですが、ポッドキャストが聴けるサービスなら他にも色々ありますから、Audibleならではの良さとしては弱いと思います。

仰るとおり、まだまだ耳読書が一般化しているとは言えませんし、今後利用者が増えていけば価格を下げていく事もできるかもしれませんね。

電子書籍も普通に買うと紙の本より高かったりしたものですが、今ではKindleアンリミテッドである程度費用を抑えた上で電子書籍をたくさん読むことができるようになっています。

※「Kindleアンリミテッド読み放題」であれば同時並行で10冊まで無料で読むことができ、「読みかけ」をちゃんと整理していく前提なら対象ラインナップの本は読み放題となります。

Audibleの「今月の一冊」が、「Kindleアンリミテッド読み放題」並に充実すればかなりコスパの良いサービスになりそうですね。まだもう少し時間がかかりそうですが。

ポッドキャストで聴けるコンテンツ

Audibleの無料コンテンツとしてポッドキャストがあるのですが、こちらについてはどう思いますか?

私もそうなんですが、Audibleをインストールする方は「書籍として出ているコンテンツを音声で聴きたい」というニーズを持っていると思っています。その視点で見ると、ポッドキャストは「雑多な情報が多い」という感想ですね。

もちろんタメになる話をしているポッドキャストもあるのですが、何かのテーマに対して体系的に知識を得たいというニーズが満たせるものではないと思います。

感覚としては「クラブハウスよりはちゃんとしてるけど、書籍ほどまとまってはいない」という感じでしょうか。

語学系としては、「アルク英語チャンネル」などがあります。
特定のテーマについてネイティブスピーカーが3分程度の解説を行う「ティータイムトーク」、「トークトゥデイ」などいくつかのコンテンツが提供されています。

ただ無料で聴けるものとしては悪くないのですが、1コンテンツ3分程度で終わるため聞き流しで勉強するのには不向きかもしれません。ネイティブスピーカーの会話や説明を聴くだけなので日本語での解説があるタイプでもありません。
おそらくYoutubeで似たようなコンテンツを探せば、長時間置いておける英会話チャンネルもたくさんありますし、Youtuberが日本語で解説をつけているような動画もたくさんあります。

それらと比較して何が優位性なのか?というと回答が難しいですね。アルクが提供しているコンテンツという安心感はありますが、「無料のお試しコンテンツ」の域は出ていないと思います。

個人的に面白いなと感じたのは、ゲーム業界の経営者複数名による座談会をポッドキャスト化したコンテンツです。(電ファミニコゲーマー提供)
ただそのチャンネルは現状1つのエピソードしか配信されていませんでした。1つ目の配信から半年経っていてまだ2つ目がないというような状況なので、クオリティの高さと更新頻度を両立しているチャンネルはまだ無いなという印象でした。

他のポッドキャストとしては、Newspicksが提供するビジネス系のインタビュー企画(NewspicksExclusive)、幻冬舎が提供するフィンテック関連の経営者インタビュー(あたらしい経済)などいくつか聴いてみましたが、聴いた印象としてはラジオ番組のようでしたね。

ややテーマが「新しいもの・こと」に偏っている印象もありました。これについては好みが分かれると思いますが。

まとめると、ポッドキャスト系のコンテンツはあくまで「おまけ」と認識して利用する方が良さそうですね。
ポッドキャストを聴くためのサービスは代替も多いですし、Audibleとしてすごく力が入っているというわけでもないと。

音声化された書籍はやや割高なのですが、「耳読書」需要を満たすサービスとしてAudibleを見るなら、有料書籍を購入して使いたいと思えるかどうかがポイントだと思います。

例えば、書籍版が3080円で売られている「独学大全」、Audiobookでは書籍版と同じ3080円で販売されていますが、AmazonならAudible版が2800円、Kindle版は2495円となっています。
Kindle版よりはAudible版の方が高いのですが、同じ音声版で見た時に若干安くなっている点は評価できる点だと思います。
割引状況は流動的なので常にこうなっているとは言い切れませんが、このような本をたくさん買う前提ならAudibleの存在意義がありそうです。

ただ、総合的なコスパで考えるなら、「ポッドキャストではないちゃんとした書籍」で聴き放題の対象コンテンツが多いAudiobookの方が優れていると思います。

今回はAudibleの話がメインでしたので、Audiobookを使った上での感想はまた改めてお聞きしたいと思います。

まだまだ発展途上な分野ですが、手を塞がずに読書をしたいという需要は間違いなくあるでしょうから、コスト的な問題が解決すれば一気に普及していきそうですね。
AudibleもAudiobookも無料体験があるので、興味がある方はぜひ試してみて下さい。

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削