就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

「外資コンサルへの就職に興味があるけど不安があります…」英語って必要?クビになるリスクは?

給与が良いと聞いて、外資コンサルに興味を持っています。
でも外資って英語が必要なんでしょうか?

選考時点と入社後で話が変わりますが、選考時点においては必須ではありません。
少なくともコンサルティングファームにおいては英語ができないだけで落とされるという事はないですね。
同じくらいのレベル感の候補者がいたとして、片方が英語堪能ならそちらが通るという事はあるかもしれませんが、それよりも地頭や人柄、ポテンシャル重視です。

では入社後はどうなんでしょうか?

入社後は使う場面もあります。というか担当案件によりますね。
案件によっては英語を使わないケースもありますが、英語ができた方がより幅広い案件を担当できる可能性があります。

例えば戦略コンサルですが、この業種って「社内失業」が結構あるんですよ。
プロジェクトベースで動くのですが、プロジェクトにアサインしてもらうための「社内面接」なんかも行われていたりします。

ある種、社内で就活するようなもんです。
専門分野の知識・実績も大事ですが、英語ができないためにアサインされるプロジェクトが減るのは勿体無い。

社内面接なんてあるんですね!
就職しただけでは安泰じゃないのか…

という事はやっぱりクビになるリスクも高いんですか?

稼働率が低いと、当然評価も下がります。
プロジェクトにアサインしてもらえないと不要な存在なんですね。

その状態が続けば、残念ながらクビのリスクはあります。

基本的にクライアントを捕まえて自分で案件を引っ張ってくるか、上の人が引っ張ってきた案件にアサインしてもらうかのどちらかになるわけですが、戦略コンサルはトップ営業が基本ですね。

だから案件を引っ張ってくる上の人に気に入られる事も大切ですよ。
社内でどういった人材に需要があるかもアンテナ立てて、それを満たす人材にならないと生き残れません。

どういった人材が好まれるんでしょうか?

「上司からのフィードバックをしっかり受け止めて、自分なりに消化してアウトプット出せるかどうか」
という要素は大きいかと思います。

戦略コンサルに入るような人間の元々の能力ってそこまで大差ないんですよ。特に若手のうちは。
みんなそれなりの大学を出てそれなりに勉強してきたというベースはあるわけで、そこは決め手にならない。

だから上司から見て「ちゃんと仕事に向き合ってる若手」だと思ってもらえればそれだけでも違いますね。

あと社内人脈も大切ですね。
「こういう仕事をしたい」という話をマネージャーにしておいて自分を売り込んでおく事も。

稼働率で評価されると言いましたが、そもそも社内に案件がたくさんあって景気が良い時と、そうでない時があるんですよ。
案件があまり無いときに声をかけてもらえなければ稼働率が下がり、稼働率が下がるとクビになると。

入社してからが本当の勝負という感じなんですね。
英語に限らず、内定してから勉強しないといけないことが多そう…。

あとは、ファームによっては3年程度で昇進できなかったらクビという事になっていたりします。

ただクビに関してはコンサルは金融ほど激しくはありまえせん。
外資金融は見込みがなければ数ヶ月でもクビが決まるほどですが、コンサルはよほどの不景気でも無い限り3年は見てもらえるようです。

昔に比べると、コンサルは「優しい」会社が増えましたね。「4年目でまだアナリストだけど解雇されてない」という方もいらっしゃいます。
働き方改革で残業が少なくなったという会社の話も聞きます。

同じ会社まで定年まで…というような働き方ではありませんが、敷居は低くなったかと思います。

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削