就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

証券会社の営業社員(リテール)って激務?高給?新卒での就職にはオススメできるのか?

先日OB訪問した時「20代の間からガッツリ稼ぎたい」…と言ったら、「証券会社の営業でもやれば?」と言われました。

証券会社の営業ってそんなに稼げるんですか?

給与形態にもよりますが、一般的には稼げる職種だと思います。

日本の大手証券会社で言うと野村證券や大和証券は平均年収で1000万を超えていますし、総合職でマネージャークラス(課長・部長級)なら1500〜2000万円前後の収入になっている方もいらっしゃいます。20代で年収1000万(賞与込み)という方もいらっしゃいますよ。

景気の波にある程度は左右されますが、金融業界の中でも銀行や保険業界などに比べて高い給与水準なのは間違いないでしょう。

なお、日系大手の証券会社としては野村證券、大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券などが挙げられます。

外資でもないのにマネージャークラスで年収2000万円前後というのは夢がありますね。

外資系金融の内定者が「マネージングディレクターになれば数千万から数億円レベル」…なんて言っていましたが外資だと一生働くような空気でもないでしょうし。

でもなんで証券会社は給与水準が高いんでしょう?

証券会社の営業全般に言えるのは、成果連動する割合が高いことがまず挙げられると思います。
年収1000万以上の社員の方は、大体は賞与の割合が高いですね。

給与制度は企業ごとに違いますが、基本給+歩合制のようになっている事が多く、実績を挙げた分だけ賞与が増えたり、給与に反映されるなどします。

日系の証券会社だと初年度は基本給だけという事もありますが、2年目以降は成果次第で差がついて行きます。

なお、証券会社の社員なら全員が成果次第というわけではなく、バックオフィスや窓口業務担当だと固定給が基本です。

成果を出さないとダメってことですね。

成果を出せない社員が辞めていって、成果が出る社員だけ生き残るからそれで平均年収が高くなっていると考えることもできそう…。

ノルマや残業がキツイとも聞きました。

ノルマを達成してないと毎日のように上司から詰められる…という話はよく聞きますね。

一方で顧客を新規開拓していく時は「断られる」のが当たり前ですし、「顧客からの紹介」をもらえるレベルに達していないと精神的にキツイ仕事なのは確かです。

また、営業マンの給与の源泉は「証券の売買手数料や顧客の保有商品管理手数料」などですが、証券を購入した顧客が常に得をするわけではありません。
時には、あまりオススメできない商品でもノルマのために勧めざるを得ない…という事もあります。

なお、取り扱う商品としては株式、債権などですね。

なるほど…。
お客さんが得をする商品だけ売るようにした方がリピートしてもらいやすいと思うんですが、会社の方針によってはそういう事もあるんですね。

どうせ証券営業をするなら高いリターンが欲しいですが、実際に営業マンがどんなふうに言われているのか気になってきました。
次のOB訪問で聞いてみようかな…。

ちなみに、証券の営業でリテール(個人向け)と法人向けがあると聞いたのですが、どちらの配属になるかでどんな違いがあるんでしょうか?

前述の通り、「証券の売買手数料や顧客の保有商品管理手数料」などで収益を上げるという点ではどちらも同じです。

法人向けは「ホールセール」と言って、株式や債券の引き受け、資金調達や運用、M&Aの仲介などの業務も入ってきます。

法人向け営業の方が扱う金額は大きくなりやすいですね。企業の運用担当者は知識も豊富なので、対応する法人営業担当者も高度な知識を求められる事が多いです。

…とはいえ、個人向けの営業(リテール)でももちろん専門知識は重要です。
個人向け営業といっても中小企業・オーナー企業の経営者や開業医もターゲットになりますし、「この担当者は頼れる・信頼できる」と思ってもらえなければ相手にしてもらえない事はあるでしょう。

「信頼を得る」鍵は専門知識の有無だけではありませんが、ベースとなる知識は絶えず勉強が必要な仕事です。

先程「営業で新規開拓が必要」という話がありましたが、お客さんはどうやって開拓するのでしょうか?

見込み客リストをもとに電話(テレアポ)をしたり、手紙を書いたり、直接訪問(飛び込み営業)したり、チラシを巻いたり…と色々ですね。

中にはFacebookなどSNSを通じて連絡してくる方もいらっしゃいます。

ちなみに手紙といえば、たまにこんなのが話題になります。

こんなの送られてきたらびっくりしますね…。

でもネットでのコミュニケーションが当たり前だからこそこういう手紙が目立つのかも?

「証券会社からの営業の手紙はまるで果たし状のようだ」とよく言われていますね。
野村證券が有名ですが、それ以外の証券会社でも手紙を出す営業アプローチはあります。

業界内では巻紙(まきがみ)と言われていて、若手社員がよく使う手法です。

新卒の就職先としてオススメできる?

この質問に関しては、月並みですが「性格による」と思います。

入社してツブれる方はつぶれますし、万人にオススメできるかというと難しいでしょう。

「成果として数字を出す」という事それ自体をある種のゲームのように楽しめる方で、目標に向けて突き進めるタイプの方であればリターンも大きいのでオススメしやすいかもしれません。
逆に「よくも悪くも深く考えてしまう…」という方は向いていない可能性が高いです。

証券会社には営業以外の仕事もありますが、アナリストなどは入社時点で適した人材を選別している事も多く、希望を出したからといって営業からキャリアチェンジさせてもらえるとは限りません。

あとは、社会情勢など常に勉強し続けることが求められるので、そのことを楽しめるかどうかですね。

今後業界も変わっていくかもしれませんが、現状ではまだまだ古い体質も残っています。仮に業界を変えたいというような気持ちが先に来るのであれば、大手証券で営業をするよりも別のアプローチの方がマッチするかもしれません。

なお、証券会社には他にもアセットマネジメントなどの仕事もありますが、それらについては別記事でまた解説したいと思います。

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削