就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

面接最後の質問で「福利厚生」について聞いて良いものなの?



面接の終わりの質問タイムについて

面接の終了時に、質問がないかと聞かれる事があります。あれって何を聞いても良いものなんでしょうか?

なんでも良い…というと語弊がありますね。面接というのは、質問も含めて面接の時間です。
質問の内容によってその企業の「志望度」もわかりますし、上手い質問をするだけの「考える力」があるかという事もわかってしまいます。

質問タイム怖い…。

とはいえ、萎縮する必要はありません。注意すべき点はありますが、実際に入社する前の情報源として面接後の質問タイムは非常に重要ですし、聞くべきか迷った事はまず聞いてみて良いでしょう。

例えば福利厚生について質問するのは問題ないですか?

問題ありません。…が、例えば質問を受け付けた時に福利厚生について「しか」質問して来ない学生がいたら、自分が面接官だった時にどう感じますか?

うーん…。仕事に興味を持っていないのかと疑問に思ってしまうかもしれません。

そうですね。もし、実際に仕事に興味を持っているのであれば、福利厚生についての質問は「数ある不明点の中の1つ」でしかないはずです。すでに仕事や会社自体についての不明点が解消できていれば話は別ですが、福利厚生についての質問しか出てこないようではそもそも企業理解が足りていない可能性があります。

他の質問をしてから福利厚生について訊けば良い?

それも1つの方法ですが、質疑応答に入るまでのキャッチボールで「他に聞くべきことは既に理解している」と感じ取ってもらえるかどうかですね。
「福利厚生以外の優先順位の高い疑問点はすでに払拭した」という文脈が共有できていれば、福利厚生の質問をされた側も悪い気はしないでしょう。

面接官も人ですので、雇用条件が気になることは理解できるはずです。

しかし「仕事自体には興味がないのかな…?」と思われてしまうとそれは大きなハンデ。

「入社すれば何を与えてもらえるか」という部分にばかり目を向けるのではなく、「自分が採用されることで、自分と企業がそれぞれwin-winになるかどうか」という視点で考えてみましょう。

直接「やる気がある」「がんばります」と言うより、仕事に関する質問をした方がやる気が伝わる事もあります。
面接での質問は、自分の態度が強く伝わる場の1つですので、「事前にわかること」は調べた上で、求人サイトや企業HPなどではわからない事を質問するようにしましょう。

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削