就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

【Uターン就職体験談】北海道の農事組合法人への就職。その過程や都市部での就職との違いとは


みなさんは、実家のある地元に戻って就職するという選択肢を考えたことがあるでしょうか?

新卒で地元に戻る方、新卒では都市部で就職して転職で地元に戻る方など、所謂「Uターン就職/Iターン就職」をする方も世の中にはいらっしゃいます。

結婚を機に、子供を自然の多いところで育てたい…という考えの方もいらっしゃるようですね。

しかし地方によっては都市部と比較して仕事が少なく、業種や職種の選択肢が限られることもあるかもしれません。
都市部での生活とはライフスタイルが大きく変わることもあり、中には都市部を離れて失敗したと後悔される方もいらっしゃいます。

今回は、実際にUターン就職を経験した事がある社会人の方にその体験談を伺ってみました。

どのような仕事をされているのか教えてください。また、どのような経緯でU・Iターン就職をすることにしたのかお教えください。

私は農事組合法人に勤め農業をしているので、私の中では会社員というよりは農家という感覚です。

秋田出身の私は高校卒業を機に進学のために上京し、そのまま東京で就職してずっと生活していこうという人生設計をしていました。

大学時代に出会った北海道出身の彼女の実家が農家で、後継者不足で数年後に農家をやめようとしている状況であることを知り、私は、農家の高齢化による後継者不足の解消に少しでも力になりたいと志すようになりました。
そこで東京で就職するという考えを捨て、彼女と共に北海道に移住し、農家を継ごうと思ったのです。

しかし、私は農業初心者なので農業に関する知識は全く無いのでいきなり実家で農業をするのではなく、法人形態で農業を営む会社へ就職し農業について色々勉強していこうと思いました。

U/Iターン就職をする上でどのような情報源を活用しましたか?

彼女と北海道に移住して農業をやるぞ、と思い立ったところまでは良かったのですが、私は北海道の農業事情や、農業法人がどれくらいあるのかといったことは全く知りませんでした。

そこで、大学内にある就職支援センターへ行って色々と調べようと思いましたが、この大学から北海道の農業法人や農事組合法人に就職したという例が少なく、期待していたほどの情報は得られませんでした。

そこで次に目をつけたのはインターネットの就活サイトです。
そこなら何か情報はあるだろうと期待を寄せていましたが、ここでもあまり成果はありませんでした。
しかし、全国的に大卒で農業法人へ就職するという例がまだそれほど多くないという現状を知ることができました。

前例がないのなら、自分が後輩たちのために前例になってやろうという思いが自然と湧き出てきました。
就職支援センターはダメで、就活サイトも思ったより情報を得られなかったので、最終手段として実際に北海道へ行って農業について色々聞こうと思い立ち、私は半月ほど大学を休んで、北海道道庁や農業公社を訪問し自分が北海道で農業がしたいという思いを伝え、様々な情報を得ることができました。

さらに、予想外なことに農業公社の方の計らいで農業法人を紹介していただき、一週間ほど農業を体験させていただきました。農業は大変な重労働だと感じたのと同時に、やりがいのある仕事だなと感じました。

U/Iターン就職をする上で苦労したことはなんでしたか?またそれを乗り越えるために何をしましたか?

彼女にとっては地元北海道に戻って仕事をする訳ですが、私にとっては全く縁がなかったので土地で就職して生活していく訳だったので不安はありました。

農業をすること自体初めてのことで、何も知識がなかった状態から就活をするという点が一番苦労しました。
北海道や大学が主催する合同企業説明会にも農業法人や農事組合法人の関係者は当然出席していないので、恐らく他の人たちの就活より数倍苦労したのではないかと思っています。

結果的に、北海道へ実際に行ったのは正解だと思っています。何度も行き来するのは大変でしたが、これくらいの苦労をしないと就活なんてやってけないし、自分の将来が決まる一大イベントなので絶対に乗り越えようという気持ちが、自分を突き動かしました。

実際にU/Iターン就職をしてみて、都市部での仕事との違いで何か感じられることがあればお教えください。

私の学生時代の計画では、東京で就職して安定した収入を得られる公務員になることでした。

都市部の仕事は第三次産業、つまり情報サービス業が大半を閉めているというイメージでした。
農業をやるなんて入学当初の私は思いもしませんでした。

実際に北海道で農業の仕事を始めるようになってから感じたのは、確かにサラリーマンや公務員は多く、第三次産業がほとんどだろうなという印象を受けました。
しかしそれ以外の産業、つまり第一次産業や第二次産業の人たちも決して少なくはないし、高齢化入学よる後継者不足が深刻だと言う割には、比較的若い人たちも農業をやっていることに驚きを感じました。

「ニュースや新聞で見てる情報とは違う点が多い」というのが北海道で仕事をし始めたときに感じたことでした。

U/Iターン就職のメリット、デメリットは何だと思われますか?

一番のメリットは、新しい環境で生活ができるという点です。

気分も新たに地元にいた時や東京での大学生活では味わえない気持ちにさせてくれるのがIターンの良さだと思っています。私は基本的に車通勤ですが、朝の通勤ラッシュに巻き込まれたことがありません。

そのため時間に追われることもないので職場までの道のりを物凄く快適に過ごすことができます。私の住む町はほとんどが山や森なので常に大自然の雰囲気を味わえるため町を歩いているだけだも良いリフレッシュになります。

一方でデメリットは、インフラが整っていないので基本的に車移動になるという点です。私の町は電車も高速道路もないため特に外出するときは苦労します。また、家からコンビニまでは車で20分かかります。さらに、スーパーマーケットまでは車で40分ほどで、夜8時に閉店してしまいます。ある程度想定はしていましたが、実際車で行くとかなり遠く、その点に関しては不便に感じます。都市部に住んでいると経験できないことの連続なので、予備知識を蓄えておくことをおすすめします。

新卒でのU/Iターン就職についてどう思われますか?注意点や考慮すべき点があればお教え下さい。

かなりリスクがある決断だと思います。自分とは無縁の地に移り住んで仕事をするわけなので、その土地に順応して半永久的にそこで生活していけるのか、はたまた順応できずに志半ばで仕事を辞めて地元に帰ってくるかは、本人次第です。

是非とも注意してほしい点は、下調べをしっかりとした上で移住することです。
私の場合は幸い彼女の地元に行く形だったのでそこまで下調べをしなくてくも色々と教えてもらったので苦労しませんでしたが、Iターンする人全員がそういった境遇の人たちとは限らないので、移住先に関する知識はしっかりと頭に入れておくべきだと思います。

私の住んでる家から最寄りのコンビニまでは車で20分、スーパーマーケットまでは車で40分ほど走らないとありませんし、スーパーマーケットはよる8時閉店です。私の住む町は田舎なので仕方ないことだと割りきっています。
また、基本的に地元の行事や祭りには積極的に参加しましょう。地元の方々との親睦を深めることも大切なコミュニケーションなので、特別な用事が無ければ参加することをお勧めします。

U/Iターン就職に興味を持っている学生に、メッセージをお願い致します。

私は移住して良かったと思っています。新しい環境でゼロからのスタートを切ったわけですが、自分には農家になるという明確な目標があり、今もその目標達成に向け仕事に励んでいます。若いうちは何事もまずはチャレンジしてみることです。

失敗しても良いからまずはチャレンジ。なにかしら行動を起こすことが大事です。私は、積極的に行動を起こしたからこそ就活を乗り越えれたし今の幸せな生活があると思っています。

なにより周りの支えがなければ途中であきらめていたかもしれません。就活は大半が自分の力で何とかしなければいけませんが、時には周りに頼ることも大切だともいます。就活頑張ってください。

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削