就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

グループディスカッションで「価値」を出す3つの道


グループディスカッション対策において最も重要なこと。
それは…

「その場に自分がいることで生まれる”価値”」を示すということです。

【グループディスカッションで「価値」を出す3つの道】

[1]議論の方向性を主導する
[2]議論をより深めるためのサポートをする
[3]アイデアを出す

自分にとってどの方法がディスカッションで「価値」を生み出しやすいのかを考え、動きましょう。

他の参加メンバーの得意・不得意によって、自分がどんな動き方をするべきかも変わってきます。

【難易度が低い貢献方法】

グループディスカッションにあまり慣れていない方が手堅く貢献する方法が「サポート」に回るということです。
具体的には発表に向けて、出てきた意見や決まった事をメモしたりホワイトボードに書いたりしてまとめる事や
時間切れにならないようタイムキーパーをすることなど
議論慣れしていない方でもグループに貢献しやすいでしょう。

他にやりたいという参加者がいなければ、これらのサポート役に回ることはオススメです。

ただし、議論を進める役割がいるからこそ活きるのがサポート役。
議論を進める役がいなかった場合、火中の栗を拾いに行く方が高い評価を得られる事があるのも確かです。
そのあたりは他のメンバーの出方を伺いましょう。

【議論を主導するのは、難しい?】

議論を主導し、メンバー全員の納得感を得ながら議論の方向性を決めることは非常に難しいことです。

就活でのグループディスカッションというのは誰か1人が決定権を持っているわけでもなく、参加者全員がフラットな関係です。
そのため、今までサークルの部長やアルバイトでのリーダーを経験したことがあったとしても、それらの経験がそのまま通用するわけではありません。

現実の会議は大体の場合で責任者が意思決定権を持っており、決定権者がOKと言えばそれが結論です。
しかし就活のグループディスカッションではそうは行きません。特権を持った参加者がいないので、何らかの方法で合意形成し、グループとしての結論を出さなければいけないのです。

特権が無い中で、議論を主導して他のメンバーからリーダーとして認めてもらうのはなかなか難しい事です。

【アイデア出しは、それ自体を目的にしないこと】

「議論のコーディネートはできないが、アイデアは出せる!」という方もいらっしゃると思います。
しかし、ディスカッションにおける「アイデアマン」はただ斬新な意見を出せば良いというものではありません。

「気の利いたことを言おう」と、それ自体を目的にしてしまうと
議論の流れとは関係なしにアイデアを言ってしまうという落とし穴にハマりがち。

アイデアを出して一発で問題解決しようとするのではなく、議論の過程を大事にして
メンバーで合意を取りながら進めることが重要です。

自分のアイデアに自信を持つ人ほど、この点には注意してください。

【大事なのはどの役割であっても「場に貢献する」こと】

難易度が低いのはサポート役だと書きましたが、重要なのは自分の能力を活かして
その議論に貢献するということです。
他のメンバーの立ち回りも考慮して、自分がバリューを発揮できるポイントを見つけましょう。

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削