就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

「就活開始時期」はどのように変遷してきたか?

昔、10月や12月が就活の「採用広報解禁日」だった事をご存知でしょうか?

就活の開始時期というのは、実は少しずつ変わっています。

「たった2年で、2回も就活の開始時期が変わってしまった」
という激動の時期もありました。

当時の大学生は、企業側の都合で大学生活にも影響が出てしまい、それが問題視される事もありました。

様々なメディアで、「選考が6月開始になり何が変わるのか」、「8月開始は何がいけなかったのか」…などの議論がされていました。

この記事では、少し視点を変えて、「これまで就活の時期はどのように変化してきたか」を確認してみたいと思います。

==1996年以前は「就職協定」の時代==

まず前提知識として、1996年以前には「就職協定」という物がありました。
企業と大学の間で、一定の時期まで企業から卒業見込み者に対するアプローチは行わないという取り決めを行っていたというものです。

これは1973年に制定され、1996年に廃止されました。
インターネット上に「就活のナビサイト」が登場したのもちょうど就職協定廃止の時期であり、これを境に就活が今の形に近くなってきました。

==近年の就活開始時期==

近年における就活開始時期としては「ナビサイトのグランドオープン(≒採用広報解禁日)」と「選考開始時期」の2つのポイントがある。
簡単にまとめると、下記のような時期に設定されている。

2017卒: 2016年03月グランドオープン/2016年6月選考スタート
2016卒: 2015年03月グランドオープン/2015年8月選考スタート
2015卒: 2013年12月グランドオープン/2014年4月選考スタート
2014卒: 2012年12月グランドオープン/2013年4月選考スタート
2013卒: 2011年12月グランドオープン/2012年4月選考スタート
2012卒: 2010年10月グランドオープン/2011年4月選考スタート
2011卒: 2009年10月グランドオープン/2010年4月選考スタート
2010卒: 2008年10月グランドオープン/2009年4月選考スタート
2009卒: 2007年10月グランドオープン/2008年4月選考スタート
2008卒: 2006年10月グランドオープン/2007年4月選考スタート
2007卒: 2005年10月グランドオープン/2006年4月選考スタート
2006卒: 2004年10月グランドオープン/2005年4月選考スタート

なお、大手就活サイトはグランドオープンの前に「プレサイト」としてインターン情報などを掲載している時期があり、例年 大学3年次の6月から公開されています。

また、時期に関係なく年中公開されている就活情報サイトも多数存在しており、それらのサイトには「グランドオープン」という概念はありません。

===採用広報解禁時期について===

ナビサイトのグランドオープンに影響を与えるため、特に学生への影響が大きいのが「広報解禁時期」です。

現実には「インターン版サイト」の存在や、経済団体とのしがらみの無い就活サイトが存在する上、採用を行う企業が自社サイトやソーシャルメディア上で実質上の採用広報を行っていることもあり、これは実質的に就活の準備(もしくは実質的な選考)となっています。

しかし、学生の感覚として「リクナビ・マイナビなどがグランドオープンしたら就活スタート」と考えている学生は多いと言えるでしょう。
ここ数年ほど顕著に「インターン時期から活動開始する学生」と「グランドオープンまで活動しない学生」の二極化が進んでいます。

グランドオープンと同時に大手就活サイトがサーバ落ちするのも、風物詩となりつつありますね。
(最近はサーバ増強で耐えられる年もありますが)

ちなみに2006卒〜2009卒の頃は「大体10月スタート」になってはいましたが、リクナビとマイナビでグランドオープン日が異なるなど、大手サイトの間でもタイミングは揃えていない事が多かったです。
(一例として、2009卒はマイナビ10月1日、リクナビ10月11日とマイナビが少し早くオープン)

それが2010卒から足並みを揃えて「10月1日」になり、その後2012年卒までは目立った変化はありませんでした。
2013卒から12月スタートに変わり、2016卒(昨年度)は年をまたいで翌3月に後ろ倒しとなっています。

===選考開始時期について===

選考開始時期については、2015卒以前は基本的に「4月スタート」となっていました。
ただしこれはあくまで紳士協定のようなもので、実際には4月1日以前に採用試験をしている企業も多かったのですが。

実際の選考開始は年度・地域によってまちまちです。首都圏に絞ってみても、4月末頃には多くの学生が就活を終えている年もあれば、ゴールデンウィークを過ぎてもまだ終わっていない学生が多いような年もありました。

どちらかと言えば「8月スタート」になる以前から既に後ろ倒し傾向にあった。

2016年卒から「8月スタート」になったものの、これも順守していない企業が多数存在していたことは言うまでもありません。

===解禁日に振り回される、中小企業の採用事情===

就活の開始時期が変わると、広報期間が短くなることで学生の企業理解が足りなくなる事が問題になりがちです。
また知名度の低く、母集団形勢に苦しむ企業も出てくることになります。

「まだ大手の選考が始まっていないので、中小企業は見ていない」「大手に落ちてから中小企業を見る」というスタンスの学生も多く、大手企業の選考が後ろ倒しになればなるほど、中小企業の採用活動はさらに後ろ倒しになってしまっているのです。

大手企業よりも早いスケジュールで採用活動をした結果、内定辞退が増えてしまった企業も多いと聞きます。

反対に、学生側から見ても就活を終了することを企業から要求される事が多くなり、「オワハラ」という言葉まで産んでしまいました。

===早めから企業を知り、アクションを起こそう===

言うまでもなく、企業についての理解不足は就活生自身の首を締めることにもなります。

よく恋愛やお見合いに喩えられる就活ですが、
相手を知るための時間すら短くなってしまっては
適切な意思決定を下すことは難しくなるでしょう。

就活だけの学生生活を送るべきと言いたいのではありません。

少しでも日頃から「企業や社会について知ろう」と考え、意識する事が大事なのです。

先延ばしせず、少しずつでも良いので早めから動いていきましょう。

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削