就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

【語学/資格】英検とTOEICのどちらを勉強すべき?どちらが評価される?

本日はこの話題。
中学・高校時代など、英検を受けたことがある方も多いかと思います。

それで就活時に「英検は使える(評価してもらえる)か?」と気にされる方も多いようです。

結論としては引用したツイートの通りなのですが、
「無駄ではない」が、「TOEICの方が評価されやすい」と思います。

英語テストの成績を重視しない企業の場合

まず、英語テストにおけるスコアを重視する企業と、そうでない企業があるのですが
後者の場合、「英検●級ってTOEIC換算で何点くらいになるのか」を知らない可能性があります。

「英検一級を持っている」というともちろんイメージは良くなるのですが、
英検一級を持っているよりもTOEIC900点取っていると言われた方が
単純に「わかりやすく」評価されるという側面はあると思われます。

(一般的に、TOEIC900点より英検一級を取る方が大変です)

英語テストの成績を重視する企業の場合

では英語テストにおけるスコアを重視する企業の場合はどうかというと、
こちらは「そもそも筆記試験として英語試験を実施する」ケースが多いです。

その場合、就活前に受けたTOEICや英検の結果よりも
その企業の筆記試験時の結果が重視されることになります。

TOEICと近い傾向の試験が課されることが多いため、
筆記試験対策として勉強するのであれば、英検よりもTOEICの方が対策を兼ねられるでしょう。

独自の筆記試験を実施しない場合も、やはり英検よりTOEICの方が汎用性はあります。

企業内でTOEICスコアを目安に海外赴任や昇進を決めるような企業も多く、
英検よりもTOEICスコアの方が企業にとって「馴染みがある」数字なのです。

ただ最近、選考時のTOEICスコアも昔ほど重視されなくなってきているのも事実です。
受験する企業・業界によって変わってくると言えるでしょう。

このような意見も。
「TOEICはいらない」と断言できる ただ1つの理由 。「グローバル人材」を求める企業のちゃんとした選び方

なお、リクルートが最近このようなサービスも出しています。



人気ゲーム制作会社が考えたドラマ形式レッスンで、TOEICやビジネス英会話のトレーニングも行うことが出来るようになっていますので割安な英語教材に興味がある方はチェックしてみてください。

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削