就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

SUICA/PASMOオートチャージ機能付きクレジットカードがあると就活時の移動にも便利です

改札を通ろうとしたらSUICA(PASMO)の残高不足になり焦ったことがある方も多いのではないでしょうか?

急いでいる時に限って残高不足になり、面倒なことも多いですよね。

特に都心部の駅では後ろに人が並んでいて気まずかったり、
チャージしてもう一度改札まで戻ってくるにも人混みで移動が大変だったりして
無駄なタイムロスが発生しがちです。

そこで、まだ実践していない方に是非オススメしたいのが「オートチャージ機能付きのSUICA/PASMOを作る」という事です。
SUICA/PASMO付きのクレジットカードの中には、オートチャージに対応しているものがあるのです。

オートチャージ設定さえしておけば、残高が減っても自動的にチャージされますので
残高不足によるタイムロスを避けることが出来ます。

就活に限らず、電車での移動をするなら恩恵は大きいでしょう。

また、主要コンビニや一部カフェ・レストランでの支払いにも対応していますので
いちいち小銭をやり取りしなくて良いのもストレスフリーです。

SUICA・PASMOオートチャージに対応しているカードとしては、下記のようなものがあります。

ビュー・スイカカード

JRでSUICAのオートチャージに対応しているクレジットカードです。(筆者も利用しています。)

https://www.jreast.co.jp/card/first/viewsuica.html

年会費は500円ですが、きっぷや定期券の利用1000円ごとに15円相当のポイントが付き、還元率が高いため年会費分はポイントで回収できます。

類似カードとして、ビックカメラSUICAカード、ルミネカード、アトレクラブビューSUICAカードもSUICAオートチャージに対応しています。

ビックカメラSUICAカードは「年に1回以上ビックカメラSuicaカード使用すれば」年会費が無料となるので、年会費をかけたくない方にはオススメです。(ビックカメラでの買い物時にもポイントが有利になります)

東急カード

東急電鉄が発行するクレジットカード。PASMOでのオートチャージに対応しています。

なお、PASMOとSUICAは互換性があるため、PASMOでもJR線は利用可能ですし、その逆も可能です。
(ですので普段はJRを利用するという方でも、東急ストアが近所にあるなら東急カードを選択した方が得という事もあります。)

年会費は1000円(初年度無料)。
東急線で特にポイントが貯めやすいので、東横線や田園都市線、目黒線やその近隣でよく動く方にオススメです。

カードブランドはマスターカードで、JCBと比較すると海外(欧米圏)に行く時にも使いやすいでしょう。
また入会時に東急ポイントももらえます。

その他カード

その他、
小田急OPクレジットカード
京王パスポートカード
京急プレミアポイントシルバー/京急カード
京成カード
SEIBU PRINCE CLUBカード
相鉄カード
東武カード
Tokyo Metro To Me CARD
横浜交通hama-eco card
など各社がクレジットカードとして発行されています。

自分の生活圏を踏まえて、オートチャージが使えるカードを1つ持っておくと良いでしょう。

改札前で残高不足で引っかからないというのは、実際導入してみると予想以上にストレスフリーです。

ランニングコストもそこまで高いものではないので、まだ導入していない方は是非検討してみてください。
他にすでにクレジットカードを持っている方でも、電車移動用に追加で1枚持っておくと便利です。

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削