就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント。 就活カレンダー でES〆切もチェックできます!)

【通過ES】【トヨタ】エントリーシート回答例「専攻しているテーマ、学生時代最も頑張ったこと、チームで出した成果、志望理由、など。」

2,116 views

就活SWOTでは、通過したエントリーシートをみなさんにご紹介しています。
今回は、トヨタの書類選考に通過された方に、ESの回答と、書く際に気をつけたこと・書く際のコツなどをお聞きしました。

是非エントリーシートを書く際の参考にしてください。

エントリーシート例

出題企業名

トヨタ

エントリーシート課題

①大学で専攻しているテーマ及びその内容
②大学時代に最も力を入れて取り組んできたこと
③大学時代にチームを巻き込んで成果を出したエピソード
④志望理由とやりたい仕事

エントリーシート回答例

[お知らせ] こちらのコンテンツは1424文字が会員限定となっております。全ての内容を読むには 会員登録もしくはログインをお願いいたします。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、就活入門資料面接対策資料も無料プレゼント。就活カレンダーでES〆切もチェックできます!)

書くにあたって気をつけたこと

最初から最後の設問まで、一貫したストーリーを書くように意識しました。
まず一つ目の設問で、自分が何に関心を持っているのか示し、
次の設問では、その関心事に対しどのような努力を積み重ねてきたか述べ、
三つ目の設問も上記2つとの関連性を持たせることで、自分がどのようなことに熱中してきたか分かりやすく明示。
そして四つ目の設問で、今までの経験からどうしてトヨタで働きたいと思ったか述べる、という流れにしました。

こうすることで、志望動機がより明確に伝わり、トヨタで働きたいという説得力が増すと考えたからです。ちなみに私は、このことをリクルーターに指摘され書き直しました。

これ以外の私の考えとしては、素直に自分が頑張ってきたと心から自信を持って言えることを書くと良いのではないか、ということです。

中には、企業に合わせて書くネタを変えた方が良いという人もいるが、私個人の意見としては反対です。学生時代の経験を振り返る際にも、自分が最も頑張ったと自分に嘘偽りなく言えることを思い出す。その結果思いついた素直なことを書いた結果として、私は面接官から気持ちが伝わってきたと良い評価を頂いたからです。

多少は盛っても良いが、それは嘘をつくこととは違うと思います。言い回しや表現の機微は多少変わっても構わないということ。結果として、他の重工会社から内定を頂き私はトヨタの選考を辞退しましたが、リクルーター面接は4回目まで進んでいました。

(東京外国語大学外国語学部卒 ペンネーム「tinggitajam」さん)


就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削