就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

他社の辞退は必須?内定承諾時における「オワハラ」体験談(商社編)


今回は、法政大学出身の社会人の方から「オワハラ」を受けた時の対応、結果などを教えていただきました。

どのような状況で「オワハラ」に類する体験をしたのかお教え下さい。

私が「オワハラ」を経験した企業は業界でいうと商社です。

最終面接では他に受けている企業があるか、現時点で内定をもらっているか、どこから内定をもらっているのかを聞かれました。
私はその時点では1社から内定をもらっていると正直に答え、「辞退するつもり」だと答えました。
ここまでは普通だと思います。

最終面接の後日、人事担当に呼ばれて面談を行いました。
この面談の最後に、『内定をもらっている企業にこの場で内定辞退の連絡をしてください』と言われました。

それに対して、あなた自身はどのように回答・対応しましたか?

元々内定をもらっていた企業の志望度の方が受けた企業よりも低かったので、内定をもらえたら辞退するつもりではありました。

しかし、「内定辞退の連絡が終わったら内定とします」とも言われなかったので少し不安でした。

d1f7b72244ac11a859d6c3eeaf6a98e1_m

この場で辞退しないと内定はもらえないだろうと思い、
目の前に人事担当がいる中で内定を既にもらっている企業に連絡をすることにしました。

目の前で見られているし、何を話すかも聞かれているので下手なことは言えないと思い、緊張しながら電話をかけました。
辞退する方の企業から、電話ではいろいろ聞かれたのですが、まだ内定をもらったわけではないので、あやふやにしか答えられませんでした。
それでも必要に聞かれることはなかったので、5分程で電話を切りました。

結果はどうなりましたか?

電話を切った後、いくつかの確認事項に答えました。
そして「今後受ける予定の企業はないですよね」、と念を押されました。
その後、人事担当からやっと「内定とします。」と言い渡されました。

特に何か書かされることもなく、渡されることもなく、それでは内定式にと言われ会社を後にしました。
大体15分程度だったと思いますが、1対1であったことと、威圧的だったことがあり、30分程だったように感じました。

後に他の内定者と対面することがあったので、どう対応したかを聞いたところ、正直に「ほかに受けている企業があるから待ってほしい」と言い、その場でもらっていた内定を辞退せず、就職活動も続けていたそうです。それでも内定を言い渡されたようでした。

これから就活する学生に、「オワハラ」問題についてのアドバイスをお願いします。

面接では正直にすべてを話すと、「内定を出しても来てくれないかもしれない」と思われ落とされてしまうかもしれません。
しかし、私のように最終面接の後の面談だったりすれば正直に迷っているということを打ち明けてもいいかもしれません。
ただなんとなく迷っているというだけではなく、ちゃんとした理由があれば、ですが。

極論を言えば、入社式まで会社には縛る権限はありません。
礼儀は大事ですが、「オワハラ」を受けたからといって無理に入社する必要はないと思います。

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削