就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

情シス(情報システム)の仕事とは?システムエンジニアとは違う仕事内容に迫る

企業の中での「情シス」と呼ばれる部門について聞いたことがあるかもしれません。

「情報システム」を略して情シスと呼ばれるのですが、具体的に何をするのか?
システムエンジニアの仕事とは何が違うのかなど、わからない事も多いかと思います。

今回は実際に情シスの仕事をされている方に、話を伺いました。

1. あなたの仕事内容についてお教え下さい。

会社はメーカー系になり、その中で私は情報システム部に所属しています。
情報システム部に所属しているということで、お仕事はシステム開発ということになります。システムの納入先は自社ということになり、外販を行っているという訳ではありません。

職種として簡単に言えば、「社内SE」ということになります。
システム開発は、新規にシステム開発することもあれば、既存システムのメンテナンスを行なうこともあります。システムは、主に、販売、会計、購買、人事のシステムがあり、社内からのシステム開発依頼に応じて、システム開発を行なうというものになっています。

2. その仕事では、どのような相手が顧客となるのでしょうか?ビジネスモデルをお教え下さい。

システム開発を行なったシステムの納入先は、自社ということになります。従って、顧客先は自社の社員や部署ということになります。

私が勤務している会社は、ごく一般的なメーカー企業ということであり、いわゆるIT企業という訳ではありませんので、外部の会社が顧客先になるということはありません。
ただし、昨今ではM&Aによる買収から、国内に新しいグループ企業、並びに新しい海外のグループ企業の誕生が多くなっており、それらの方ともお仕事をともにすることがあります。
しかしながら、ビシネスモデルとしては、あくまで自社システムの開発者を行い、自社へのシステム納入ということになります。

3. なぜその仕事に就きたいと思われたのか、お教え下さい。

もとより、コンピューターについて知識を深めたいと思ったことがきっかけであり、最初からシステム開発を行いたいというものでありませんでした。

コンピューターに知識を深めたいと思った理由については、今現在、コンピューターというものは私たちにとって欠かせない存在となっていることがその理由になります。IT企業でなく、一般企業に就いた理由としては、様々な出会いがあると思っていたからです。

4. その仕事を行う上で、どのようなスキルが必要とされますか?また、そのスキルはどのようにして身につけられましたか?

システム開発を行う上で、どうしても必要になってくるものとして、コンピューター言語というものがあります。コンピューター言語とは、私たちが日本語や英語やフランス語を話す様に、コンピューターの世界でもコンピューターが理解できる言語というものがあります。

従って、コンピューター言語への理解が欠かせないということになります。この知識については専門学校で取得しました。しかし、コンピューターへの知識が豊富だけでは、この仕事は勤まりません、現場との会話や折衝能力が必要になってきます。コンピューターを動かしたり、システムを構築するのも人なので、正しい情報を人から入手して理解するスキルも必要と思います。

5. その仕事をやっていて、大変なこと、苦労するのはどんな事でしょうか?

どの仕事をやっていっても、同じかとは思いますが、納期に追われることがあります、どうしても納期に間に合わないときには、調整を行います。またコンピューターの世界では、どうしてもシステムトラブルというものつきものとなっています。予想だにしないところからシステムトラブルが発生したり、また時間を問わず発生することもあります。
OZPA87_megaitaindesu20130707500
お休みの日であっても就寝中でもあってもシステムトラブルは発生することがあり、とても苦痛を感じてしまうことはあります。また自身が作成したシステムでない場合、そのシステムを理解する必要性に迫られることもあります。そのシステムを理解していないとシステムの改善も行うことができないからです。システムトラブルによって障害が発生した場合、現場の方に謝らなくてはいけないこともあります。どの仕事をするにしても、仕事をする上では同じと思いますが、人とのつながりを大事にしておくことも肝要と思います。

6. その仕事をやっていて良かったと思う時はどんな時でしょうか?やりがいを感じられるポイントをお教え下さい。

自身が作成したシステムを実際に現場の方が使ってくれているシーンを見ることができるのが、この仕事をしていてよかったと思える点です。そのシーンを見ていると、自身がしている仕事も、会社の1つの仕事として役立っているのだと思えるからです。また、自社の社員や部署が仕事相手ということもあって、納入したシステムの良し悪しを本音でトークできるのも良い点だと思います。

これがit企業であれば、外部への会社がシステム納入先となって、実際の現場の声というものがなかなか聞けないのだと思います、これによって、納入したシステムの改善点が見えてきたり、また自身のスキルアップにも繋がっていると思います。

一番は、やはり自身が納入したシステムによって、現場の方たちのお仕事の負担を軽くしたり、業務の効率化につながっているのであれば、これはたいへん嬉しく思えるときで、この仕事をやっていてよかったと思える点です。

7. この仕事に興味を持っている学生に、メッセージをお願い致します。

コンピューターに知識を持っていたっしゃるかたであれば、システム開発という仕事は馴染みやすいかもしれません。しかしシステム開発というと、コンピューターを相手に仕事をしているというイメージが強伊と思いますが、実際のところはそうではないと認識しています。コンピューターの専門知識も大切ではありますが、コンピューターに指示を出す人も、コンピューターによってシステムを開発する人も、すべては人からの情報を集めて作業をおこなっているということから、人から話を聞く、そして正しい情報を把握するということが大事です。

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削