就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)



テレビ番組を作る、番組制作会社のADの仕事内容とは?

「テレビ関連の仕事に就きたい」と思っている方も、まだまだ多いのでは?

とはいえ、番組制作などは特に激務であることも有名ですので
二の足を踏む方も多いでしょう。

今回は、番組制作会社にて、テレビ番組を作るお仕事をされている方に、
アシスタントディレクター(AD)の仕事についてお伺いしました。

1. どのような仕事内容なのかお教え下さい。

番組制作会社のアシスタントディレクター。
主に番組作りの最初から最後まですべてを担当します。

企画会議に出席して企画提案。企画が決定してからはその企画について書籍やネット、インタビューなどでリサーチ。それを元にディレクターがおおまかな台本を作ります。

その後ロケのための準備。取材先との交渉ややりとり、ロケハン、移動車や食事の手配、小道具作りなど。ロケ当日はロケがスムーズに進むよう全般的なアシスト。カメラマンのアシストなども行いました。簡単な撮影ならアシスタントがやる場合もあります。
取材
スタジオ撮影がある場合はその準備も。弁当や楽屋の準備、小道具作り、スタッフとの打ち合わせなど全般。

撮影が終わったら、撮影素材を編集機材に取り込んだり文字起こしなどをしたり、ディレクターが編集しやすいように準備。
次回予告の編集や新聞のラテ欄に載せる文章を考えたりもしました。

ディレクターの編集が終わったら、スタジオでの本編集。字幕台本やインサートする画像などを準備したり、誤字脱字をチェックしたり。
最後に音楽やナレーションを入れるMAに立ち会い、最後のチェックをして完成です。

その後も、完パケを局に持って行って納品したり、番組内容を番組サイトにアップしたり、視聴者から届いた感想をチェックしたりなど、やる事は続きます。

2. その仕事では、どのような相手が顧客となるのでしょうか?

テレビ局ではなく、下請けの制作会社で働いていましたので、顧客はテレビ局でした。
テレビ局から企画を指定されたり、こちらから提案します。それから局のプロデューサーの立ち会いのもと、撮影や進めていきます。編集したものは会議でプロデューサーに見て頂き、修正を繰り返していきます。最後はナレーション収録に立ち会って頂き、最終的なチェックをします。

制作会社にすべて一任されており、局のプロデューサーのチェックは最後だけ、という場合もありました。
また、テレビ番組だけでなく、企業のPVなどの制作に携わったこともありましたが、その場合はその企業の広報担当の方が顧客となります。撮影に同行して頂いたり、編集後のチェックもして頂きました。

3. なぜその仕事に就きたいと思われたのか、お教え下さい。

[お知らせ] こちらのコンテンツは209文字が会員限定となっております。全ての内容を読むには 会員登録もしくはログインをお願いいたします。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、就活入門資料面接対策資料も無料プレゼント。就活カレンダーでES〆切もチェックできます!)

4. その仕事を行う上で、どのようなスキルが必要とされますか?また、そのスキルはどのようにして身につけられましたか?

アンテナを張っていろいろな物に興味を持ち、引出をたくさん持つこと。徹夜が多いですし、とにかく怒鳴られますので忍耐力。
色々なスキルが必要ですが、私は一番必要なスキルは「人に好かれる力」だと思います。

人と接することがとにかく多い仕事です。ディレクターやプロデューサー、技術スタッフに美術スタッフ、スタジオスタッフ、出演タレントやナレーターそのマネージャー、移動車のドライバー。もちろん取材先の一般の方々も大事な人たちです。
私のまわりで仕事に成功していた人は、みな人を大事にしている人たちでした。スタッフに好かれている人は仕事が円滑に進みましたし、ディレクターに好かれて昇進も早いです。いつも取材先の方と仲良くなる先輩は、一目置かれる存在でした。

素直に人の話を聞くこと。どんなに忙しくても明るく元気でいること。どの人とも丁寧に仕事をすること。このような基本的な能力が結局一番大事になります。

5. その仕事をやっていて、大変なこと、苦労するのはどんな事でしょうか?

まず寝れないです。徹夜で作業することがとても多いです。
立てこもって黙々と編集作業をして、やり直しをして、またやり直して、足りない撮影素材を撮影しに行って、また編集して…など気の遠くなるようなことが続きます。
アシスタントのうちはディレクターの助手作業が多いので、それも私にとっては大変でした。ディレクターが編集などをしている間は帰らず、一緒についていなければならないからです(もちろん、ディレクターの編集をうしろで見て技術を盗むことはとても勉強になるので、必要なことです。でも、それが毎晩続くと正直きつい…)。

あと、とても怒鳴られます。もちろん失敗が多いからが一番の理由です。しかしさらに、他の人のミスであるときも怒鳴られます。それは、アシスタントが一番下っ端だから。何か失敗があったとき、それは追及されなければなりません。しかしそれが目上のスタッフの場合、周りの手前怒鳴られるわけにはいかない。だからその場を収めるために、下っ端のアシスタントが怒鳴られる…ということがよくありました。

6. その仕事をやっていて良かったと思う時はどんな時でしょうか?やりがいを感じられるポイントをお教え下さい。

番組が放送され、自分の名前がエンドロールに流れたとき。そしてその後、番組に届いた視聴者からの感想を読むときが、一番やりがいを感じられるときです。
私が携わったのは視聴率の低い番組で、あまり話題にはなりませんでしたし、感想もほんの少ししか届きませんでした。それでも、たった数人からでも心のこもった感想が届くだけで、とても感激したのを覚えています。ときには手厳しいコメントを頂くこともありますが、的を得ていることがほとんど。貴重な声だな、といつも真剣に読んでいました。

それから、取材を通じて知り合った方々から頂いた名刺が増えていくことです。
とにかく多くの人と出会うので、名刺はすぐにいっぱいになります。徹夜して辛いとき、その名刺を見て、今まで出会ったたくさんの人たちを思い出すことができます。そして「自分にはこんなに味方がいるんだ。頑張ろう」とパワーがあふれてきます。

7. この仕事に興味を持っている学生に、メッセージをお願い致します。

相当覚悟がいる仕事です。私が最初に入社したとき、上司から「これは人を選ぶ仕事だ。向いてないと自分で感じたら、すぐに方向転換をした方がいい」と言われました。そして私は体力がついていかず、方向転換しました。でも、本当にやって損はなかったと思います。多くのことを学ぶことができます。もしよくよく考えて、本当にやってみたいと思えるなら、挑戦してみてほしいと思います。後からいくらでも方向転換はできますし、失敗しても死にはしませんから。頑張ってください!

2019卒(3年生・修士1年生)必見イベント



就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削