就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

面接の自己PRで「協調性」をアピールしたい時、協調性という言葉は使ってはいけない?

1. 就活の面接において「協調性」をPRする際には、どのような事に気をつけるべきか?

まず大事なのは協調性という言葉を多用しないことです。
協調性という抽象的な言葉のみでは具体的には何も伝わりません。
協調性をPRしたいのなら、必ず自分だけの具体的な体験を述べるようにしましょう。

それもマニュアルにあるようなかっこいい話でなくて構いません。
あなただけが話すことができるオリジナルの話を話した方が面接官の印象に残ります。
デザイン
例えば、私はサークルで部長をしたので協調性があります、という事実のみでは何も伝わってきません。

あるイベント活動でみんなで協力するために頻繁に話し合いを設けた、発言しないような人も個別に連絡を取ったり会ったりして直接意見を聞いた、
というような実際に努力したことを語って下さい。

そうした方があなたには実際にどんな協調性があるのかということをアピールすることができます。

2. 協調性をテーマにした自己PRをどのように考えれば良いでしょうか?

協調性をテーマにした自己PRをする学生は多いということを忘れないで下さい。
多いということはあなたの話は他の学生に埋もれてしまい、印象に残らない可能性が高いです。
[hide]しかし、多い分だけに企業が求めている能力には間違いないので、うまく企業にPRすることができれば内定は一気に近づきます。

協調性をテーマにするなら先ほど述べたように埋もれない工夫のために自分だけの具体例を挙げることが大事です。
しかし、もっと大事なのはその自己PRが志望動機に繋がるかどうかということです。

「あなたには協調性がある。」だけでは他の学生にも差をつけられません。
[/hide]
あなたの協調性があなたの希望している仕事にどう活かせそうかということも視野に入れて話すようにして下さい。
そのためには志望している仕事内容への理解を深めていることが必須になります。
自己PRだけではなく、企業研究、職種研究なども怠らないようにしましょう。

3. 協調性を面接でPRした時のご自身の体験を教えて下さい。

私は人事の仕事を希望していたので、協調性を活かして人事の仕事がしたいというようなPRをしました。
具体的には以下のような話をしました。
私は人事で採用の仕事をしたいと思っています。人と関わることが仕事なのでそのためには協調性が必要だと思っています。
私はサークルの新歓活動でスピーチ大会の運営の委員になりました。
運営のためにはスピーチを実際に教える人、実際に手本のスピーチをする人、スピーチに関係ないことをして場を盛り上げる人など様々な役割があります。
[hide]
みんなそれぞれの持ち味があるのでその持ち味を活かせるように配置に苦労しました。
それでも一人でできることではないので、下でに出てお願いしたり、実際にその役割はどんな効果を生むのかということを説明しながら割り振りをしました。
そうすることでみんながより協力的になったと思います。
まだまだ未熟ではありますが、そこで得た協調性は仕事にも活かしていきたいと思っています。
特に人事は人と関わることが仕事であり、また他の部門との円滑な関係性を維持する必要があると思いますので、もっとも協調性が求められる業務だと思っております。
人事の仕事に就くことができたら、自分の協調性を更に向上できるように努めていきたいと思います。
[/hide]

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削