就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント。 就活カレンダー でES〆切もチェックできます!)

広告代理店の営業の仕事内容、やりがい、苦労とは?

人気記事 86,030 views

就活生の中でも人気の高い「広告代理店」という業種。

電通や博報堂などを始めとして、大手広告代理店は基本的に就活激戦区です。

しかし代理店といっても、具体的にどんな仕事をしているのか みなさんはご存知でしょうか?

今回は実際に広告代理店で働いている方に、仕事内容やビジネススキーム、苦労ややりがいなどをお聞きしてみました。

職種研究

1. あなたの職種をお教え下さい。また、どのような仕事内容なのかお教え下さい。

広告代理店での営業です。あらゆる職種のクライアントに広告や企画を提案する仕事です。TVやラジオ、新聞、雑誌などの広告枠を売ったり、イベントなどを企画しそのクライアントにあった広告を提案していきます。TVやラジオで流れてくるCM、街中で行われているイベント、電車などに吊られている広告などを作っています。

小さな仕事などでは新聞折り込みなども作ることがあります。クライアントの商品をいかに売るか、を考え広告に落とし込み、実際に売り上げの向上や、企業イメージをアップさせるような広告を制作していく仕事なります。クライアントに広告を受注して頂くためにあらゆる営業活動を仕掛けていきます。

2. その仕事では、どのような相手が顧客となるのでしょうか?ビジネスモデルをお教え下さい。

たとえば不動産業界を例にあげますと、住宅やマンションを売るための広告、つまり折り込みチラシや、パンフレットの制作、販促物を制作したりします。いわゆる大手住宅メーカーが集まった住宅展示場の運営などもします。

食品メーカーの場合はTVCMの枠取りが多いですね。TV局のタイムテーブルに沿ってCMの枠を提案します。TV局に行って折衝したり、クライアントにそのタイムテーブルを持っていきCM枠を売ります。ラジオもこのパターンになります。一からCM制作から始める場合も有ります。

いずれにせよ営業でもクリエイティブな感性はある程度必要になってきます。旅行会社の場合にはよく店頭で見かけるパンフレットであったり、新聞広告が多くなります。たまに会場をかりてイベントも行ったりします。

3. なぜその仕事に就きたいと思われのですか?

何もないところから、一から自分で形に出来る楽しさ、醍醐味があったからです。その商品を売るためにはどうすれば良いのか、どんな広告を作れば良いのか。クライアントの望んでいる事を的確につかみ、形にして提案していく作業が必要で、そこにはデザインであったり、媒体の選定であったり、様々な創造性や選択が生まれてきます。

もともと人と会ったり、話したり、デザインや写真を撮ったりすることが好きなこともあり、この仕事を選びました。

4. その仕事を行う上で、どのようなスキルが必要とされますか?また、そのスキルはどのようにして身につけられましたか?

資格というよりは、人の要求している事をつかみとる力です。お客さまは何を望んでいるのか?そのことを抽出する力だと思います。その力をつけるには人とよく合い話を聞くことですね。話をする力はそれほど重要ではありません。もちろん話が上手な人それなりに評価もされますが、それよりも話を聞く力の方がより重要になってきます。

とにかく人とよく会い、話をする。これにつきますね。あとはTVやラジオ雑誌などを好きになりよく観察することです。今世の中ではどういうことが流行っているのか、どういう場所に人が良く集まっているのか、どういうデザインを使っているのか、それはどういう意図で使用されているのかを街を歩いていても常に観察する目が必要です。

5. その仕事をやっていて、大変なこと、苦労するのはどんな事でしょうか?

もちろん会社の売り上げもありますし、自分の好きな仕事だけは出来ません。自分の想うものとクライアントの想うものが食い違うことも出てきます。表現上の問題であったり、予算上の問題であったりします。何度デザインを持って行ってもオッケーが出ない時には、苦労します。

クライアントもイメージで伝えてくることがあるので、それをきちんと形してあげるのは本当に大変なことがあります。あと、印刷などの仕事などでは特に気を使います。絶対に誤字などは出来ない。間違いに気付かず印刷してしまいますと取り返しのつかない失敗になります。紙代、印刷代がすべてパーになるときもあります。

仕事柄徹夜の作業もあります。締め切りに追われているときには夜中、印刷所で出来栄えをチェックすることも出てきます。眠い中誤字脱字をチェックしたり、色校正を見たりしますが眠いからといっても見落としは出来ません。そんな徹夜の日々が数日続く時もあったりします。

6. その仕事をやっていて良かったと思う時はどんな時でしょうか?やりがいを感じられるポイントをお教え下さい。

やはりお客さまに喜ばれる時です。苦労して出来上がった広告で商品の売れ行きがあがったりした時はうれしいです。苦労して作った、また、受注した仕事が形になって世に出ていくとうれしいものです。非常にやりがいを感じます。自分の作った広告が街中にあったりすると思わずにうれしくなってしまいます。結構、街中にまだ残ってたりしますので。

あと、広告を作る過程でデザイナーさん達と色々と話していると楽しいですね。思ってもいない発想がでてきたり、お互いに色々話していると思わぬアイデアが突然でてきたりするときは楽しいし、やりがいもでてきますね。

そういうクリエイティブな人と出会えたり、話をできるのも自分の人生に役に立っていると思う時があります。そうするとまた自分が成長出来てまた素敵な人と出会ったり出来るのだと思います。そうやって人脈も出来ていき仕事も充実したものになっていくような気がします。

7. この仕事に興味を持っている学生に、メッセージをお願い致します。

まず人を好きになること。人と話をすること。世の中の流れをしかっりとつかめること。自分をしっかりと前に出せること。何にでも興味を持って首を突っ込んでいくこと、前のめりで日々生きること。そうすれば自分を磨いて行けると思います。

お客さんからもこの人に頼もうと思わせるひとになることが、この業界で成功できる秘訣だと思っています。何事にも前向きに毎日を過ごしてください。

参考:広告代理店の企業研究ページ

 


就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削