就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

ポジションとりが大事。実際の仕事から考えるグループディスカッション突破のコツ


就職活動でグループディスカッションがあるときに、どうしようと不安を抱えている人もいらっしゃると思います。

ハキハキと意見を言って、みんなをまとめ上げるようなリーダータイプでもなく、どちらかというと口下手で初対面の人と話すことも苦手だし・・・という方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、それでもいいんです。
要は、グループの中でのポジションとりが大事なのです。

実際に仕事をする時・・・

実際に会社に入ってチームで仕事をするとき、みんながみんなリーダータイプでは意見の収集がつきません。かといって、みんなが引っ込み思案で何も意見が出ないようでは、プロジェクトは前に進みません。

conference
大事なのは、自分の特性を生かして得意なことを活かしてチームに貢献することですが、もし全員が得意分野だけで勝負できない時には、『わたしがやりましょうか』と自分が得意とするものでなくても、積極的にチームに貢献しようとする姿勢なのです。

一緒に働くならば、そういう人と仕事がしたい、企業の採用担当者のみならず、みなさんも思うのではありませんか。

グループディスカッションでは

これをグループディスカッションに当てはめてみましょう。

[hide]一般的に、”では、こうしましょうか”と場を仕切る人、タイムキーパー、メモを取る人がグル―プに発生することになります。この辺は学生の方々もご存知なので、我先にと取り合うように役割を選びます。

ただ、グループが3人以上で、私は/僕は何も目立った役割がないんですけど、どうしよう?と焦る場面もあるかと思います。

焦る必要はありません、何もたくさん発言をすることだけがグループへ貢献する方法ではないのです。(実際の仕事では、タイプキーパーなんてストップウォッチやアラームセットすればいいだけですし、メモだって録音すればいいだけです。指示を出す人が、必ずしも頭が良いわけではないし、声が大きいだけの人が信頼されることもありません。)[/hide]

まずテーマに集中する

[hide]どう見られているか?よりも、ディスカッションのテーマとなっていることにまず、集中しましょう。そしたら、自分なりの意見が何かしらでるはずです。

全く思い浮かばなかったら、もう奥の手で「これは難しいですね、XXさんはどう思いますか?」と人の意見を引き出すふりをして、他の人に振ってしまいましょう。

意見は言わないよりは言った方がもちろん良いです。無発言ではその場にいる意味がないですから。ただ、良いことを言おうとする必要はないです。与えられた時間を考慮して(よくダラダラと、意味のないことを永遠と話す学生がいますが、これは避けた方がいいです)簡潔に、自分の意見を述べましょう。[/hide]

意見を言うのが苦手だったら

[hide]自分の意見を言うのが苦手な人、発言が少なくなりがちなタイプの方は、出た意見を交通整理する役割をお勧めします。「ここまででた意見を整理すると、XXとXXが多いですね」などと、俯瞰した視点を提供できる人は、実際の仕事でも大変活躍します。

採用担当者は、”私ってこんなにできます”っていうアピールを観たいわけではなく、その人がグループで議論する際に、どういう立ち位置をとって貢献することができるかをみているので、自分が得意とするポジションをとりながら、グル―プの全体最適を考えなら、積極的に参加している姿勢をみせれば心配いりませんので、肩の力を抜いて臨んでください。[/hide]

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削