就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

銀行の花形部門、融資部門の個人融資担当の仕事内容、やりがい、苦労することとは?


銀行

銀行で個人への融資業務をされている方にお話を伺いました

1. あなたの職種と仕事内容をお教え下さい。

銀行での個人への融資業務をしています。銀行内で営業の方が獲得してきた個人の融資案件を考査し、融資して問題ないかどうかの調査を行うのが主な業務となっています。

自動車や住宅を購入したいと考えている人々を探し出し、その人たちが無理なくマイカーやマイホームを手に入れられるようにお金を貸しましょう、という提案をするのが営業係の役目であり、実際にお金を貸しても大丈夫かどうかの判断をするのが融資係の役目となります。

仕事の内容は融資の可か不可かの判断はもちろん、可とした場合は、貸したお金を目的外のことに使用していないかや毎月の返済額がきちんと振り込まれているかどうかなどの管理をすることも融資係の仕事となります。

2. その仕事では、どのような相手が顧客となるのでしょうか?ビジネスモデルをお教え下さい。

基本的には個人相手となります。
融資部門には株式会社などを相手として設備投資金などを融資する法人営業係と個人を相手として、子どもの教育資金や自動車の購入資金、住宅の購入資金などを融資する個人融資係の2種類に大きく分けられます。私の場合は個人融資係にいたので、顧客は個人で銀行を利用している人たちとなります。

個人の中でも主な相手は30代から50代の男性が主な相手です。
融資を個人に行う場合、未成年への融資は法律で禁止されているので、相手は必然的に成人となります。住宅の購入や大型の高価な自動車の主な購買層は30代から40代のだんせいですから、必然的にそのような年齢の男性が主な顧客となります。

3. なぜその仕事に就きたいと思われたのか、お教え下さい。

現代の日本社会ではサラ金やローン商品などが私たちの身のまわりには数多くあり、それらを使うことで人生が大きく変わります。
プロのアドバイスを借りて適切な返済計画を立ててお金を借りることで、人生をより充実させたり、人生の窮地を脱することさえできると私は考えています。

自分がプロの金融マンとなって、お金のやりくりで悩んでいる人や困っている人たちの手助けをしたいと考えたためです。

4. その仕事を行う上で、どのようなスキルが必要とされますか?また、そのスキルはどのようにして身につけられましたか?

融資に全般に関する基礎的な事務スキルはもちろんのこと、貸金業法に関する知識といった法律の知識、人とのコミュニケーションスキルが重要となります。

事務スキルは日々の業務の中で高い意識を持って、早く仕事を覚えたいと考えて業務に取り組むしかありません。
わからなかった点や疑問に感じた点はうやむやにせず、必ずその日のうちに上司に質問をしたり、会社の規程を調べたりして問題をクリアにする必要があります。

法律の知識は日々勉強をすることで得ることができます。業務が終了し、帰宅後に勉強をします。資格の取得が昇進や昇給の条件となっているので、帰宅後もリラックスタイムはほどほどに勉強する必要があるのです。

コミュニケーションスキルは色んな年代の人と隔てなく交流をすることで自然と身につくでしょう。

5. その仕事をやっていて、大変なこと、苦労するのはどんな事でしょうか?

貸したお金を予定通りにきちんと返済してくれる人は問題ないのですが、そうでない人も世の中には数多くいます。

一度や二度、少々返済が遅れる程度であれば問題はありませんが、毎回返済が大きく遅れる場合には問題があります。無理なく返済できるように計画を立てているわけですから、お金を返してくれないのは利用者の性格にあることとなります。

収入を返済に充てずに別のことに使ってしまうのが主な原因となりますので、そのようなことをしないようにと、お願いと説得をする必要があるのです。

相手によってはそのことに腹を立ててしまう人もいるため、上手に説得をする必要があります。説得には時間もかかりますし、精神的に疲れてしまいます。一日に何人もの人の説得をしなければならないこともあるため、その日は他の仕事ができなくなりますし、精神的に疲れてしまいます。

人とのコミュニケーション能力が説得をする際には重要なスキルとなります。

6. その仕事をやっていて良かったと思う時はどんな時でしょうか?やりがいを感じられるポイントをお教え下さい。

融資が決定し、その融資資金で住宅や自動車を購入したと知らせにきた時のお客さんの笑顔を見たときです。
私がこの仕事をやりたいと思ったのが、「上手なローン活用の手助けをしてお客さんの人生をより充実させる手助けをする」ということでしたから、まさにそれが叶った瞬間となります。

お客さんによっては何度もリピートして融資を申し込みに来てくれる人も少なからずいますし、その度に笑顔でありがとうと言ってくれる人もいます。
人を笑顔にすることができる点や人に喜んでもらうことができるのがこの仕事をやっていて良かったと感じる一番のポイントとなります。

また、親身になって相談に乗ることや返済計画を綿密に立てることでお客さんに感謝されることもあります。
こちらが誠意を持って、きちんとした仕事をすれば、それがダイレクトに相手に伝わり、お客さんに喜んでもらうことができます。
自分の仕事で相手を笑顔にできることが、この仕事のやりがいです。

7. この仕事に興味を持っている学生に、メッセージをお願い致します。

融資部門は銀行の中でも花形の部門といっても過言ではありません。

銀行業界はリーマンショックの影響で一時期は業界全体の業績が悪化しましたが、現在は業績を拡大しようとする企業の動きが活発ですし、個人で大きな買い物をする人も増え、銀行の活躍の場が増えてきています。

そんな将来性のある銀行において花形部門である融資部門で働けば大いに世の中の役に立てますし、自分自身を成長させることもできます。
世の中の役に立ち、かつ理想の自分に近づきたいと考えている人にはおすすめです。

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削