就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

面接でも大事な「発声方法」。滑舌を良くして、座ったまま複式呼吸ができるよう訓練しよう


就活の面接において、「何を話すか」も大事ですが、「どう話すか」も同じくらい重要です。
発声方法だけで損している就活生も、実際多い。
そこで、今回は「発声方法」についてのアドバイス記事です。

1. 就活の面接において、発声の方法や、口調など、どのような事に気をつけるべきでしょうか?

面接において最も大切なのは、明るくハキハキとした印象を面接官に与えることです。
聞き取りやすい声の音量は声質・滑舌によって、人それぞれ異なります。

声が普段から高く、上ずりやすい人は、落ち着いて少し音色を低く保ちゆったりと話せるように訓練しましょう。
逆に普段から声が低い人は、ぼそぼそと話すと印象が悪いので、少し声を張り活気があるよう印象づけましょう。
いずれにせよ、なかなか自分の声がどのような特徴を持っているかを知る必要があります。
PAK86_ryoumimidekikikaesudansei20140713500

時間があるのであれば、一度声を録音し、自分の話している言葉が聞こえやすいかどうか確認しておきましょう。
口調は堅苦しくなりすぎず、しかし失礼にあたらないような程度で構いません。

2. 悪い印象を与えないために、話す時に気をつけるべきことは何でしょうか?

面接の際に最も気をつけたいのは、緊張が良い方向に働くよう自分でコントロールをすることです。
適度な緊張は人を魅力的にみせるものですが、過度な緊張は失敗をまねきます。
特に発声に関しては、精神状態を如実に表します。
声がひっくり返ってしまったり、大きな声を出すことができなくなってしまうこともあるので、日頃から緊張をコントロールする方法を自分で見出しておきましょう。

もう一つ気をつけたいのが「滑舌」です。
うまく舌が回らないと感じてしまう人に気をつけて欲しいのですが、滑らかに話すことだけが良いことではありません。
面接はアナウンスの練習ではありませんので、自分の話せるペースで相手に思いを伝えることが大切です。
滑舌があまり良くないことを気にしている人は、ゆっくりと相手に思いを伝えるような話し方を練習してみましょう。

口調に関しては、敬語の正確さよりも、「誰もあなたを知らない人に物事を伝えられるかどうか」を確認しておきましょう。
堅苦しすぎる敬語は普段使い慣れている人であれば不便に感じないと思いますが、あまり慣れていない人にとっては表現の阻害になります。
正しい・間違いの二択ではなく、「自分を表現できるかどうか」に充填を絞り、失礼な言い回しがないかどうか程度のチェックにとどめておきましょう。

3. 発声方法を改善するために、どのような訓練をするべきでしょうか?

発声方法を改善するためには、座ったままで複式呼吸ができるよう訓練が必要です。
[hide]腹式呼吸がわからない人は、寝転がってリラックスした状態で自分の呼吸を確かめてみましょう。
お腹を上下させて呼吸をしているはずです。

この方法を座った状態でするためには、意識をおへその下(丹田)に向けます。
その部分が膨らんだり萎んだりする感覚を掴み、呼吸と一緒に声を出しましょう。[/hide]

面接では、面接官と距離があることがほとんど

面接は会社にもよりますが、面接官と距離があることがほとんどです。
相手の顔を見ると緊張してしまうという人には特に気をつけて欲しいのですが、緊張のあまり声をどこかわからない場所に放り出してはいけません。

相手の胸元に思いを伝えるイメージで、しっかりと面接官に対して声が届くよう方向をさだめましょう。

声をどこに届ければいいのかはっきりイメージできなければ、どうしても音が拡散してしまいます。
声が小さい人も大きい人も、「誰に向けて自分が話しているのか」というイメージを確実にもてるよう、先輩や友達と面接の練習をしましょう。

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削