就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

基本だけど忘れがち?内定者が就活前にやっておいて良かったと思った2つのこととは


みなさんこんにちは、今回は大手映画会社に就職された方から、「就活前にやっておいて良かったこと」についてお聞きしました。
ぜひ参考にして下さい。

就活準備

やっておいて良かった2つのこと

実際に私が経験し、「就職活動を始める前にあれをやっておいたことが、大いに役に立った」と感じたことが二つあります。それは[hide]「ペン習字」「敬語」です。

ペン習字

まず、ペン習字。これは大学に入学してすぐに、自主的に始めました。当時の私の最大のコンプレックスが「字が下手なこと」。クセ字な上に、バランスも悪く、「なんとかしなければ」と思い、通信講座のペン習字を始めたのです。

「字が下手だと、社会へ出てから恥をかく」という思いから、自主的に始めたのですが、やってみると「社会へ出る前に、すでに役に立つ」ということを実感しました。

就活には当然ながら、履歴書を書く必要があります。また、履歴書などを郵送する場合、封筒に宛名を書くというケースもあるでしょう。そうしたとき、字が下手な人より上手な人の方が、担当者の第一印象が良くなるに違いありません。

敬語

もう一つの「敬語」は、アルバイトで身につけました、大学時代、私は飲食店と家庭教師のアルバイトをしていました。家庭教師は派遣会社に登録して、生徒を紹介してもらうというシステムでしたが、そこで、言葉づかいについてレクチャーを受けたのです。

また、飲食店のほうも、マニュアルに沿って、敬語の使い方をかなり徹底して叩き込まれました。店長が厳しい人だったので、当時は「うるさいな」とか「めんどうだな」と感じましたが、おかげで、社会人として必要な敬語を身につけることができたのです。それが、就職面接の際に大いに役立ったことは言うまでもないでしょう。

ペン習字とアルバイトで学んだ敬語が、私にとって就職活動の「武器」になったことは、まちがいありません。これから就活を始めるという方にお勧めします。[/hide]

(映画・演劇制作興行 宣伝部 慶應義塾大学文学部卒 mitanookaさん)

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削