就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活に向け「脱・コミュ障」のために私が実践したこと〜「未知の相手」と対話をしよう〜

就活において、コミュニケーション能力の必要性を感じた場面は?

就活においてコミュニケーション能力が必要だなと感じた場面は、面接です。

私も私の周りの友人も、仲のいい人ばかりで集まり、話したり、遊んだりしています。
しかし就活の面接では、面接官など初めて会う人と話をしなければなりません。

初めて話す人とは、どんな話をしたら良いのか、話をどのように進めていけば良いのか慣れずに、とても困った思いをしたからです。

未知の相手と話すことで、コミュ力は磨かれる

とにかく色々な人と話すことに尽きます。
私も含めて今の若い人は、「話したことのない人」とは話をしたがりません。

学生のときも、友人は自分と似たような人ばかりです。
そのため、争いやケンカにもなりません。
つまり自分を否定する人がいないのでとても快適な環境を過ごしてきます。

SUN71_kaigainodaigaku1031500-thumb-390.jpgauto-3917

一方、就活や仕事の場面では、知らない人と話をすることも当然多いです。
大学の時間のあるうちに、友人でない人ともよく話し、自分と違う考えの人と意見をぶつけあわせる経験は大事だと思いました。

初めて話す相手は自分と常識も生い立ちも全く異なります。
相手の立場に思いを巡られながら、うまく話を併せていく経験をもっとつけておけば、就活に有利になるなと思いました。

話をしてみると、自分の思いもよらない話になることが多いです。
この予想外の展開に応じて話をしようとすると、頭がフル回転してきます。
相手の表情や性格など、自分の言葉の意味など、不快にせないように、でも飽きさせないように考える経験がとても大事だと思っています。

しかし就活の前に、付け焼き刃的にコミュ力を鍛えようとしても、確実にぼろが出るか、見抜かれてしまいます。
中学、高校などのときから、たくさんの自分と異なるタイプの人たちと話をするよう意識しておけばよかったなと後悔しています。

「電車の車内」で隣の人と会話?

私は学生時代の時には友人はたくさんいる方ではありませんでした。

しかし就活でコミュ力が大事というのは知っていました。
そのためできるだけ、知らない人と話をするようにしていました。

電車などで旅行に行く時にも、隣の人と話し込んだりする経験をしました。

話しかけると怒ってしまう人や、嫌がる人はもちろんいます。

そんな時には初めは傷つきますが、気持ちの切り替えの練習になり都合が良いです。

話の相手になる人も様々な年齢や出身の方がいて、面白く勉強になります。

電車で色々な人と話をすることで、話が合わなくても平気になりました。
むしろ話が合わないことが普通だと思うようになりました。

話が合わない時にも、それなりの話はできるものです。
様々な状況に慣れることで、就活の面接でも圧迫されても、別に怖くもありませんでした。

たくさんの人と話すのはコミュ力アップにおすすめです。
場数をたくさん踏むことしかないと思いました。

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削