就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

地域の調剤薬局の医療事務の仕事内容、やりがい、そして苦労とは?

今回は、医療事務をしていらっしゃる方に仕事内容ややりがい、苦労などをお伺いしました。ぜひ職種研究の際の参考にして下さい。

医療事務

医療事務の仕事に就かれている方にお話をお伺いしました

1.あなたの仕事内容を教えて下さい。

地域の調剤薬局の事務員です。
おもな仕事は患者さんの応対と、薬剤師の先生方のサポートです。
新規の患者さんが来られたらまず保険証などを預かり、問診をとります。

それから患者さんのカルテのようなものである薬歴を作成します。
レセコンに処方箋の内容を入力して間違いがないか、飲み合わせなど問題がないか監査をします。これをスピーディに正確に行う能力が必要です。

月末月初めは、レセプトを作成して提出をしますが私はまだ勉強途中なのでレセプト業務には携わっていません。

薬歴の管理や処方箋を見やすく束ねるなど事務的作業、薬剤師の先生方の必要な書類をまとめたり印刷したり多岐に渡ります。

2.その仕事では、どのような相手が顧客となるのでしょうか?

隣接するクリニックは小児科、外科、胃腸科、内科と幅広い診療をされています。また広域の処方箋も受付けているので、年齢層や病状も多岐に渡る患者さんが顧客になります。もうひとつの店舗は、眼科が隣接するクリニックなので準備出来る薬も豊富に揃えています。

医薬分業が進むなかで、より多くの人々に信頼される応需薬局として地域に根付き発展していきたいという経営者の考えのもと、社員一同患者さんの気持ちに寄り添い気持ちの良い応対が出来る様に日々心がけています。

スタッフ間では、患者さんの情報を常に共有しておりいつだれが応対をしても大丈夫なように万全の準備をして患者さんをお待ちしております。また、地域の他の薬局を含む医療機関との連携を大切にネットワークを作るよう努めています。

3. なぜその仕事に就きたいと思われたのか、お教え下さい。

就職活動の中で、たまたま巡り合ったのがこの仕事でした。というのも、独りよがりな視野の狭い就職活動をしていたせいか内定が取れないまま卒業を控えておりまして。

このままじゃいけないとハローワークのスタッフさんに「何か私に出来そうなお仕事はありませんか。」と尋ねてみたところ紹介していただいたのが現在の職場です。

文系学部出身で、正直この医療業界に足を踏み入れるとは思ってもいませんでした。

4. その仕事を行う上で、どのようなスキルが必要とされますか?また、そのスキルはどのようにして身につけられましたか?

この仕事をしていく上で必要なスキルは、まずコミュニケーションスキルです。初めたばかりの時は何もかもが分からないことだらけでしたので、薬剤師の先生や先輩の事務員さんに1から業界のことを教えていただきました。

その中では、持ち前の謙虚さと人当たりの良さが大変役立ちました。患者さんの求めているものを的確に理解するためにも、まず傾聴の姿勢が大事だと思います。

実際の業務をするうえで必要になるスキルの面では、保険証の仕組みや処方箋を理解するためのポイントや点数計算の仕方が詳しく掲載されている医療事務の資格や調剤薬局事務の資格の学習が必須です。

お薬の名前は、日々の業務の中で覚えていけば問題ありません。あとは、馴染みの患者さんの顔や名前を覚えることが案外大切です。

5. その仕事をやっていて、大変なこと、苦労するのはどんな事でしょうか?

大変だと感じるのは、冬場の処方箋の枚数がとにかく多いことです。
夏場の処方箋枚数が50枚だとすると、冬場はその倍の130枚以上はきます。その時期は、残業も多く疲労感がたまります。

集中力が落ちるだけでなく、一人一人の患者さんへの対応がどうしてもその時期はおざなりになってしまい、調剤業務そのものが流れ作業のようになってしまうのが残念です。

また医療機関勤めなので風邪は年中つきもの。
風邪でどんなに辛くても、自分たちは病気の患者さんに笑顔で応対をしなければならなく、かえってこちらを心配してくださる患者さんまでいたりして申し訳なくなります。

昨年は、油断をしていたのか患者さんのインフルエンザを2回ももらってしまい、自身も大変だったのですが周囲のスタッフにも散々迷惑をかけてしまったのが心苦しかったです。

また、周囲の同年代の友人と比較するとどうしてもお給料の面や福利厚生の面、まとまった休みが取りにくいなどは気になります。

6. その仕事をやっていて良かったと思う時はどんな時でしょうか?やりがいを感じられるポイントをお教え下さい。

やりがいを感じられるポイントは、小児科の患者さんの日々の成長を一緒に喜んだりできること。高齢の患者さんと、何気ない日常の話をしているとき。
また、患者さんにとってとても大事な話を私たちスタッフに打ち明けてくれたとき。

最初は口もまともに聞いてくれなかった気難しい患者さんがこれまでよりたくさん話していかれたときなど喜びを感じる瞬間はたくさんあります。

日々の業務の中で、私たちはお薬を渡すことは出来ても患者さんの病気そのものを治せるわけではないのですが患者さんの気持ちに寄り添い喜び、悲しみを共有していくことで患者さんと深い信頼関係を築いていくことが出来ていると日々現場で実感できることが大きな喜びに繋がっています。

また、長年苦楽を共にしてきたスタッフ同士の仲が非常によく、お互いをサポートしながら業務の連携をしています。

あうんの呼吸のようなものも生まれておりそれぞれが各々のポジションで最大限に動き、観察し、考えることで患者さんにとってのベストを実現出来る様にしていますので互いに意見交換をする時間も大事にしています。

7. この仕事に興味を持っている学生に、メッセージをお願い致します。

みなさん、医療事務のお仕事は奥が深い仕事です。学ばなければならないことも沢山出てくるかと思いますがひたむきに続けていけば必ず身につきますし、身についた知識は職場だけでなく社会で生活していく知恵にもなり一石二鳥です。

また、1度覚えてしまえば結婚や出産などあらゆる人生の変化にも柔軟に対応して働き方や勤務地を選べるのもこの仕事の魅力だと思います。みなさんならきっと大丈夫ですよ。

(熊本県立大学英語英米文学科卒の方よりご寄稿頂きました。)