就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

【 就活相談 】就活資金として必要な貯金は?

Q:就活資金として必要な貯金は?

就活の際には、交通費や食費などを含めてかなりの費用がかかると聞いたことがありますが、具体的に就活のためにどの程度の貯金が必要でしょうか?
1年半後に就活を控え、就活自体の不安とともに、就活の際の費用にも不安がよぎりました。

(早稲田大学 新3年生の方からの質問)

A:やり方次第だが、首都圏在住なら10万円が目安

ちょうどこんな記事を公開していますので、まずは是非こちらをご覧ください。

就活費用の内訳は?首都圏学生に就活にかかる費用を聞いてみた
就活費用の内訳は?地方学生に 就活にかかる費用を聞いてみた

地方の学生の場合、交通費が多くかかるため
首都圏とは別の記事にしていますが、
首都圏の学生の場合、10万円前後が1つの目安になるようです。

貯金をするのか、就活中にバイトをするのかはさておき、
そのくらいの費用は必要になると思っておいた方が良いでしょう。

(実際のところ、外食費用などを「就活費用」としてしまって良いのかどうかは難しい所ですが)

就活費用

就活に必要となる資金は、就活を行う期間によっても変わってくるでしょう。

ただし、長期間就活を行っている方の場合、アルバイトなどを辞めずに続けている方もいらっしゃいます。

短期集中型の就活は、負担も大きいためアルバイトを辞めざるを得ないこともありますが、
逆に長期間で早くから準備しておくことで、バイトを辞めずにすむというケースもあります。

ちなみに余談ですが、新3年生の方で「就活は1年半後」と思っているのは少々危ないかと思います。

経団連に所属している企業の本選考は確かに4年生の夏からになるかもしれませんが、
経団連に所属していない企業は(日本の会社であっても)
それ以前から選考を開始しています。

今すぐ就活を開始することが難しいとしても、少しずつ準備はしておく方が良いでしょう。

その辺りの情報は、「就活準備」や「自己分析」「企業研究」などのカテゴリーに掲載されている記事を是非ご覧ください。

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削