就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

Objective-Cで挫折したあなた、SwiftでiOSアプリに再挑戦してみては?

「iOS(iPhone・iPad)アプリを作りたいが、Objective-Cが独特すぎて挫折した」

学生プログラマーの皆さんの中には、
そんな方も多いのではないでしょうか?

Swiftは、Appleが開発したプログラミング言語

swiftは、Appleが開発したプログラミング言語で、
iOSアプリを開発する際にも使用することができます。
(既存のObjective-Cと共存する事も可能です)

PAK86_seisakudb20140517500

Swiftという言語はObjective-Cという言語がより現代的にバージョンアップしたものと考えて下さい。Objective-Cで可能だったことはもちろん可能であるということです。
共存できるというのは、Objective-CとSwiftのように、Swift+複数の言語で書かれたアプリを作成することができるということです。

アップルの新プログラミング言語「Swift」の知っておくべき点

下記は、LINEのエンジニアの方による解説スライドです。

Swift でもう一度 iOS/OS X アプリ開発に挑戦してみませんか?

上記のサイトに出ているコード事例では、Objective-CとSwiftでは下記のようにコードが変わります。

//Objective-C

NSString* city = @”Oska”;
NSInteger age = 20;
Float height = 190.6f;

//Swift

var city = “Osaka”
var age = 20
var height = 190.6

swiftの登場により、今までより高速にiOSアプリを開発できるようになりました。

参考記事:作って学ぶSwift/iOSアプリ入門 

なお、wantedlyという会社が、このSwiftを使用してiOSアプリをリリースしています。
その時の反省点などが、下記のスライドにまとまっています。

Swiftを始めたい!と思った方へ

まだ発表されたばかりのプログラミング言語であるため、
swiftを学ぶための資料や記事は少ないですが、
SwiftでiOSアプリを作るには、まずXcode6をダウンロードする必要があります。

iPhone/iPadアプリを作ってみたいと思っている方、
試しに挑戦してみてはいかがでしょうか?

なお、学生エンジニアを対象として、下記のようなイベントも開催が予定されています。

リクルート、NTTドコモ、GREEなど参画!
「ITエンジニア逆求人フェスティバル」開催 ※応募〆切:11/12(水)

アプリを作ってみた方も、ウェブサービスを作ってみた方も参加できますので、
興味がある方は是非挑戦してみてください。

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削