就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

本質を考える癖をつける…「なぜ」を繰り返して身に付ける 論理的思考


「どのような事を意識/実践すれば論理的な思考力が身につくか?」

論理的な思考力を身に付けるためにすべきことはただ1つ。

「物事の本質について考える癖をつける」ということです。
こんなの当たり前ですね。論理的な思考というものの行き着く先が、物事の本質なのですから。

物事の本質について考えるには、常日頃からいろいろなものに疑問を投げかけなければいけません。

a42c34c31fdf5617a3fe500a87bdf0da_m

感情に行き当たるまで「なぜ」を繰り返す

自己分析をする時は、まず「なぜ」を繰り返して深掘りをしろとアドバイスされました。

 面接でも、言ったことに対して「なぜ」を繰り返される事は多いですね。
そういう面接手法があるのです。

ポイントは、「感情でしか説明できないところまで掘り下げる」ということです。 

「論理的思考」なのに感情で説明するんですか?

論理と感情というのは、相容れないものではありません。
自身の感情・想いを伝えたいときこそ論理的になるべきなんです。

  

有名な「トヨタ生産方式」でも、その問題が起こった原因である「一次原因」の特定からはじめて、二次原因、三次原因と特定していきます。
そうして「五次原因までたどり着く頃には、根源となる本当の原因を精度高く特定できる」としています。

これはつまり、「なぜを5回繰り返す」というものです。

ニュースを見ている時でも論理的思考力は鍛えられる

私は理学部物理学科の学部生なので、職業柄(?)論理的思考力は必須でした。
なので、授業を受けたり実験をしているうちに自然に身に付きました。

しかし、論理的思考力は日常生活の中でもみにつけることは出来ますし、
私も実際意識してその力を磨くようにしています。

たとえばテレビを見ているとき。
「〇〇国の船が××国の海賊に襲撃された」というようなニュースを見たとします。

そういう時、普通の人なら
「まぁこの海賊の人たちはひどいわ。あぁ、××という国の人が襲撃したのね。××の人たちは野蛮なんだ」
…という風に、そのニュースでしか見えない情報のみで、その問題については自己完結させます。

しかし、私の場合はそこへ様々な疑問を投げかけるようにしています。
「なぜ××国の人たちが海賊化したのか」
「〇〇は何を運輸していたのか」などです。
これが「論理的思考をする」ということです。

これらの疑問をインターネットなどで調べると、
結果、この「海賊襲撃のニュース」の本質を理解することが出来ます。

このように、日々何気ないことから、論理的な考え方を意識し、訓練することはできます。
みなさんも是非試してみてはどうでしょうか。

私生活でも役立つ論理的思考?

たとえば、あなたの恋人が何の連絡も無しに、デートに30分遅刻してきたとします。
この時、あなたの思考はどのような反応をしますか?

うーん。文句を言いたくなります。

たいていの人なら30分も待たされれば無条件で怒るでしょう。でも、そこで終わっていると論理的思考力は身につきません。

しかし、こんなとき論理的な思考が出来る人は「何故遅刻してきたのだろう」という風に疑問を投げかけて、その遅刻の本質について知ろうとします。

なるほど。理由によっては怒れないこともありますもんね。

電車が遅れたから、車が故障したから、妹の看病をしていたから…いろいろな可能性があります。

また、「連絡もなしに遅れた」ということは、遅れた理由とは別に「連絡もしなかった」理由もあるはずですよね。

単純ですが、これが「論理的に考える」というものです。

うーん。でもデートの例だけだとイマイチしっくり来ないかも。

…いや、デート経験が少ないからかもしれませんが、あまり論理的すぎてもデートでは嫌がられそうかなって。

あまりしつこすぎると、そうかもしれませんね(笑)
でも「そうなった理由」を知らずにフラストレーションを貯めていると、上手くいかない事だってあるんですよ。

ポイントとなるのは、日々日常のなかで起こることに対して
「何故だ?」と疑問を投げかけることです。

「〇〇だからこうなのだ」というその物事の本質を知ろうとすれば、
自ずと論理的思考力は身に付きます。

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削