就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

財務諸表のどこを見る!?就活で企業の財務状況を判断するための3つのステップ


みなさんは会社を定性的には見ても、定量的に見て会社がどんな状況かを判断したことはありますでしょうか?

財務状況を見ることは必須ではありませんが、入ってから実は業績悪くて倒産寸前の会社だった!なんて気付きたくないですよね。実際に入社する際に「本当にここでいいのか?」ということを冷静に判断する為にも、財務分析について知っておくことは重要だと思います。

今回は、金融業界で働かれている方に、財務分析の手法についてお話を伺いました。
財務分析をする際の参考にして下さい。

財務分析

数字の全体像を理解する

こんにちは。
今回は、会社をみるための、いくつかのポイントを説明させていただきます。

まずは、「数字の全体像を理解する」ということ。
財務諸表のポイントになる数字はしっかりと把握する必要があります。

売上利益主要経費総資産純資産などが該当し、この場合、数字を「額」だけでなく、「率」からも分析することが重要です。例えば、利益率人件費比率自己資本比率などがそれに当たります。

数字を構造分解する

次に、「数字を構造分解する」ということ。
数字を様々な視点から分析することは非常に大切なことですが、これができていない人が多いのではないでしょうか。

企業全体で言えば、

・部門別・事業別の採算を明確にする
・売上・粗利益の中味を、商品別・顧客別・地域別などに分解して考える
・在庫を仕入日・製造日に応じて分析し、年輪表を作成する

などが挙げられます。常日頃から、様々な視点で分析する習慣を身につけていくことが重要です。

重要な経営指標を把握する

そして、「重要な経営指標を把握する」ということ。

財務諸表を見る場合に、損益計算書(PL=Profit&Loss)をまず見て、儲かっているか否かを判断する場合が大半ではないかと思います。

ですが、まずは貸借対照表(BS=Balance Sheet)から見ます。なぜかというと、PLが過去1年間だけの期間損益を表している、つまり、一過性の損益だけを反映させているのに対し、BSは企業がスタートした時からの資産・負債・純資産の蓄積状況を表しており、企業の実態がより反映されているからです。

以上のように、会社の財務諸表を見て、その会社を判断、分析してみてはいかがでしょうか。

ただ、最もお勧めなのが、学生であれば、その会社を実際に訪問して、その会社の雰囲気を感じ、話しを聞いて、判断することが良いのではないでしょうか。企業側も喜んで対応してくれるはずです。

(金融業、シンクタンク 東京理科大学 工学部卒 まーもんさん)

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削