就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

データベース操作の基礎を学ぶ…MySQLを使うために知るべき「標準SQL」「RDBMS」の話


MySQLを使うために知るべき「標準SQL」「RDBMS」とは

MySQLなどのデータベース管理システムを使うためには、
SQL構文の書き方やRDBMSに関する知識、
そしてサーバーへのインストール方法などの知識が必要です。

PAK86_codeing20140517500

SQL構文の書き方はデータベース管理システムの種類によって
微妙に違いますが、「標準SQL」と呼ばれる基準が有ります。

データはデータベースの中でテーブルに格納されますが、
1個のテーブルではなく、複数のテーブルに分けて保存します。

複数のテーブルに関連を持たせる技術はRDBMSと呼ばれ、
正規化などの知識を持っておく事はMySQLなどを使いやすくする上で必要です。

(RDBMS…リレーショナル データベース マネジメント システム

MySQLを使用するサーバーは、実用ではLinuxかWindows Serverが多いでしょう。

普通のクライアントPC(WindowsやMac)でもインストールだけはできます。

インストール時に、データベース本体とデータ保存場所を分けることができ、
これを発展させると、パフォーマンス向上や障害対策を行うための前提知識がわかってきます。

まずは自分のPCにインストールしてみよう

具体的な勉強方法としては、実際にデータベースを自分のパソコンにインストールすると良いと思います。

Windowsの場合

Windowsではxamppというソフトを入れると、
手軽にWEBシステムを作れるツールがセットで入ります。

MySQLへの操作はコマンドプロンプトなどでも行えますが、
視覚的に操作出来るphpMyAdmin(xamppに同梱)か公式アプリのMySQLAdministratorがお薦めです。

(phpmyadminは、PHPで作られたMySQLの管理ツールです)

テーブルを作って、SELECT、UPDATE、INSERTなど試しているうちに、SQL構文の基本的なところが理解出来ます。
さらに、複数のテーブルを作って関連を持たせます。
関連キーというのもありますが、あまり使われていません。
xamppを入れた時や、設定ファイルを見てみた時に、サーバーへのインストール方法、設置方法が分かると思います。

Macの場合

Macでもlamppというソフトが有りますが、せっかくLinux系のOSなのでMySQL単体でデータベースをインストールするのが良いと思います。

Macでは視覚的に操作出来るツールとしてSequalProというのが使いやすいです。
こちらでもSQLを試してみたり、設定を動かしてみてサーバー設置の様子を確認する事が出来ます。

編集部から

何かウェブサービスを作るなら、データベースは必須。
その中でももっとも利用されているのが、MySQLです。

レンタルサーバーを借りた場合には、
最初からMySQLやphpmyadminがインストールされている場合もありますが、
導入方法も含めて覚えておいても損はしないでしょう。

MySQLの使い方は、下記の無料動画も参考にしてみていただければと思います。(外部サービス)

参考:http://dotinstall.com/lessons/basic_mysql_v2

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削