就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

論理的思考力を鍛えるための習慣・トレーニング方法とは


論理的思考力は、一朝一夕に身につくものではありません。

日頃から考える癖をつけることで少しずつ鍛えられていきます。

今回は、日常の中で論理的思考力を身につけてきたという社会人の方から、
どのような事を日々考え・心がけていたかをお教えいただきました。

どのような事を意識/実践すれば論理的思考力が身につくか?

日ごろから「なぜそうなのか」「なぜ自分はそう思うのか」と
自分自身に問いかけるトレーニングをすると良いでしょう。

小さかった頃、私が両親に何かを要求すると(習い事に通いたいとか、おもちゃを買ってほしいとか)両親はよく「それはなぜ?」と質問しました。
なぜと聞かれると、特に明確な理由がなかったり、理由はちゃんとあってもうまく説明できなかったりしたのを覚えています。

PPS_hirobanooyako500

おそらくこれは子どもに限らず、普段から人に対して理由を説明すること、つまり「人に分かるように説明すること」に慣れていない人には難しいことなのです。
自分自身に問いかけることがトレーニングだと申し上げましたが、実は心の中で質問に答えてもあまり意味がありません。

「何となく」心の中で自分の質問に答えたつもり、になっていても、実際に口に出してみると思うように説明ができなかったりします。

慣れるまでは、理由を紙に書き出してから口にする練習をすると良いでしょう。
この際、長い文をだらだら書くのではなく、箇条書きにすることで論点を明確にできます。

具体的なトレーニング方法

この簡単な練習を踏まえて、以下のようなトレーニングすることをお勧めします。

まず第一に、日本語寄りの思考ではなく英語寄りの思考で話すことを心がけます。

結論を先に述べる。

日本語で話すとき、「~であり、~であり、~なので、結論は~です。」という言い回しになりますが、英語で話す時は「結論は~です。なぜなら~であり、~であるからです。」という順番になります。
前者の場合、聞き手は最後の最後まで結論が分からないので、話し手が理由づけとして話している前半部分の理解がしにくいです。

しかし、後者の場合はすでに結論が分かっていますので、
その結論を念頭に置いた状態で理由づけを聞くので理解しやすいです。

次に、理由を述べる

最初に挙げた「自問自答」のトレーニングの成果は、この理由を述べるところで発揮されます。
この時、理由に説得力を加えるためにいくつかの根拠を加えます。
根拠は自分の主観ではなく実質的なデータなど客観的に理解できるものである必要があります。

また、多ければ多い程良いわけではありません。
論点がぶれたり、説明がだらだらしてしまう恐れがあるので、2,3個にしておきましょう。

以上のように、「結論を先に述べる→理由を述べる→根拠で固める」
という話し方のトレーニングを繰り返せば、
あなたはきっと論理的な思考力を身につけることができます。

ディベートで養った論理的思考力

私は、論理的思考力を身に着けるために大学でディベートのサークルに入りました。

ディベートでは、自分の価値観で物を述べるのではなく、客観的に見て論理性がある主張かどうかで勝敗が決まります。

このようなサークルに入ると、ディベートのマニュアルを貰うことができ、また先輩たちから「どのような話し方をすれば論理的な説明となるのか。」「どのような話し方がNGなのか」など有意義な情報をたくさんもらうことができます。

正直、私生活で過度に論理性を重んじて会話をするようになってしまうと、共感や同調を示すことの方が良く受け取られる日本では、ちょっとうざがられてしまう懸念があります。

ですから、このように屁理屈好きというか議論好きな人が集まるディベートサークルなどに参加し、同じような目的を持った仲間と論理的に話をするトレーニングをするのが良いと思います。

就職活動では、面接官が納得できる分かりやすい説明をしなければなりませんので、ディベートでのトレーニングは本当に役に立ちました。

就活SWOT編集部から

「就活も近いし、今からディベートサークルに入っても間に合わない」と思われる方もいるかもしれませんが、ポイントはそこではありません。

記事中でも指摘されている通り、特に日本では、日常生活の中で論理的に議論をする機会は少ないかもしれません。

だからこそ、日常の中で議論の機会を設ける事が論理的思考力を身につけるための近道となります。

そういったサークルに入っていなかったとしても、就活で知り合った仲間とともに、何らかのテーマで議論する場を持つことも良いかと思います。
(コンサル業界などの選考を受けている方であれば、そういった議論を嫌がらない方も多いでしょう)

日頃の積み重ねが大事とも書きましたが、
就活を機に「論理的な考え方」に目覚めたという社会人の方も多くいらっしゃいます。

是非、これを1つのキッカケとして「考える癖」をつけてみてください。

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削