就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

プログラミングは「写経」? javaを学ぶメリットと勉強法

PHPなどに比べると少し敷居が高く感じられますが、
強固さが求められる場面にも対応でき、業務で使われる場面も多いプログラミング言語が、javaです。

皆さんの身近なところでは、Androidアプリもjavaで作られています。

今回は、javaの勉強をする上での最初の一歩をどう踏み出せば良いか、
プログラマーの先輩から話を伺いました。

javaを学ぶことがオススメな理由

Windows, Mac, Linux等プラットフォームを問わず動作させることができ、
開発環境も入手しやすく、開発者が多いため
書籍はもちろん、web等で分からないことを調べるのが容易です。

Javaは、組み込みで強いC, C++の流れを組んでいるため、C, C++の習得もしやすい。
Javaを習得していると就職にも有利です。

しっかり学ぶなら、C言語と比較しよう!?

本屋で書籍を買うのをおすすめします。
本は何でも良いですが、PCのセットアップ等に抵抗がある場合は、
開発環境のCDが付属した本を買うのが良いです。

いきなりJavaの学習から入っても良いのですが、できればC言語から勉強をおすすめします。
JavaにはC/C++をベースにした言語であることと、クラスという概念が初心者には難しいと思うからです。

また、C言語はJavaに比べコードの記述量が多いため、書いて覚えるにはぴったりだからです。
C言語を理解し、Javaと対比しながら学習することでより理解が深まると思います。

プログラムは「写経」?

学習方法は、C言語もJavaも共通していて、本に書かれているコードを書いて動作させてみることです。
コピペは絶対してはいけません。
よくプログラムは写経だと言われることがありますが、「書いて覚える」これが所以だと思います。

採用スタート

コードを書いたらビルドして、動作確認します。
ビルドエラーが起こったら、修正します。

ビルドが通り、動くのが確認できたら、今度はデバッグ機能のステップ実行をし、
一行一行何が行われているか確認します。

プログラミングでも「守破離」は大事

理解ができたら、そのプログラムを改造して、思うように動くかを確認します。
一通り本での学習が終わったら、標準ライブラリやクラスの機能を自作してみます。
C言語だとstr系、Javaだとstring、デザインパターンの学習なども有用です。

本を一通り学習していれば基礎はできているので、
あとはどれだけ書くかということになります。

スマートフォンを持っているのであれば、
Javaが使えるAndroidアプリを作ってみるのも良いと思います。

編集部から

「C言語も学ぶ…となると結構ハードル高いのでは?」
と思われた方も多いかもしれません。

基礎からミッチリ理解していくのか、
ある程度実践に近い部分で感覚を掴みながら基礎を固めていくのか、
向き不向きは人それぞれあるかと思いますので、自分に合うやり方を見つけてもらえればと思います。

ウェブサイトを作ることも可能ですし、Androidアプリなどを作ることも可能です。
何か、具体的にそういった目標を持って勉強すると、挫折しづらいかもしれませんね。

java入門(ドットインストール)
Androidアプリ開発入門 (全12回)

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削