就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

エントリーシート回答例「学生時代に最も力を入れて取り組み、成果を出した経験」(研究室編)


今回は情報通信業のシステムエンジニアに就職された方から、エントリーシートの回答例と、エントリーシートを書く際に気をつけた事、ポイントなどをお伺いしました。

ESのテーマは、「学生時代に最も力を入れて取り組み、成果を出した経験」について。
汎用的に様々な企業で出題されるものですので、おそらく就活生であれば誰しも考えることになる設問だと言えるでしょう。

是非、エントリーシートを書く際の参考にしてください。

エントリーシート例

エントリーシート課題

Q:学生時代に最も力を入れて取り組み、成果を出した経験を教えて下さい。

エントリーシート回答例

私が学生時代に最も力を入れて取り組んだことは、研究活動と二度の学会発表です。
卒業研究では、「コンピュータの負荷分散」をテーマに取り組みました。卒業論文提出間近になっても期待通りの結果が得られず焦ることもありましたが、先輩や指導教員に助言を求め、最終的には自分自身の努力によって成果を出すことができ、大きな達成感を得られました。大学院進学後には卒業研究の成果を国内と海外の学会で一度ずつ発表しました。

特に国内の学会では他の研究者からも良い評価を頂き、「プレゼンテーション特別賞」を受賞することができました。海外の学会では約30分間のプレゼンテーションを英語で行い、世界中の方々と研究について有意義な議論を交わすことができました。二度の学会発表を経験して、相手に自分の考えや想いを伝えることの難しさと、伝えられたときの喜びを実感しました。(367字)

書くにあたって気をつけたこと

学生時代の経験は人によって様々なことが挙げられると思いますが、私は学生の本分は学ぶことであると考え「何を学び何を得たか」を軸に構成することにしました。

しかし、誰もが経験しているようなこと(例えば大学の講義/演習などは学科が同じであれば皆も同じ経験をしているはず)ではアピールにならないと考えたため、自分しか経験していないことをネタにする必要がありました。

卒業研究は皆が経験することですが、その内容は完全にオリジナルなものであり、面接時に質問を受けたとしても自分の土俵で有利に話を展開できると思い、エントリーシートに取り入れることとしました。

また、エントリーシートは文字数制限があったため蛇足をなくし起承転結で構成することを心掛けました。どんな困難があったか、それをどう乗り越えたかのエピソードはどんなエントリーシートにも必ず入れるようにし、所々に「海外」「特別賞」など、読み手が「おっ?」と思うようなキーワードを散りばめ、興味を抱かせるような工夫を凝らしました。

(情報通信業/システムエンジニア 埼玉大学大学院理工学研究科卒 輝星さん)

編集部から

研究活動に関する自己PRというのは、少し間違うと「研究内容紹介」になってしまいがち。

どのような研究をしたのかではなく、自分が研究の中で発揮できた強みや、得られたものを中心にアピールすると良いでしょう。

他にも、理系学生向けの自己PR方法について記事を掲載しています。是非ご覧ください。
理系の自己分析についての就活記事まとめ

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削