就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

企業の安定性が知りたい!就活生が見るべき3つの財務指標とは


就活をしている人なら、将来就職する企業を決めるにあたってその企業の安定性は誰もが気になるところなのではないでしょうか。

しかし、気にはなるけどやり方がよくわからない、あるいは具体的にどの数字を見れば良いのか分からない、という方も多いと思います。

そこで今回は、みんなが気になる「就活時の財務分析の方法」について社会人の方からアドバイスを頂きました。

具体的に見るべき3つの数字などが提示されていて分かりやすいと思います!
是非実践してみて下さいね!

財務分析

就活で気になる、受ける会社の将来性、安定性・・・

就職活動をしているときに、その会社の将来性と安定性についていろいろと心配になると思います。

将来性は、はっきり言ってどの企業についても本当のところはわかりません。今は元気がない会社でも、時代が変わったり、新たな技術を生み出したりすることによって、突然脚光浴びて花形企業になることもあり得ます。

逆に、今飛ぶ鳥を落とす勢いの会社でも、10年後にもそれが続いているかどうかはわかりません。

会社の安定性を判断するために、最低限の財務分析を

これに対して、安定性があるかどうかということはある程度の確かさでわかります。もちろん、それは、一部上場の大企業だから、という見方もありますが、意外にそんな企業でも内情はかなり危ない場合もありますので、要注意です。

そういう会社に入って失敗しないためにも、財務諸表の最低限の分析をして、その会社の安定性、安全性を判断したほうが得策です。

具体的な分析方法

具体的には、いかの3つの数字を計算してみてください。

1 自己資本比率

これは財務諸表の、

(現預金ー長期借入)÷ 資産合計

で算出できます。数字の意味としては、要は、自分の自前の現預金がどの程度あるか、という指標です。これが高ければ高いほど、自分で今までしっかりお金を貯めこんできているので、ちょっとやそっとではつぶれないということです。

会社にとって、1番怖いのは売り上げが下がることでもなく、現金がなくなることです。この自己資本比率が、15%以上あれば合格です。

2 流動比率

これは

流動資産 ÷ 流動負債

で算出できます。同じ資産を持っていても、それが建物や土地などですと、いざ危機に陥った時にすぐに現金化できません。先に書きましたが、売上が上がっても黒字でも現金がなければ会社はつぶれます。

流動比率は、その意味でどれだけすぐに現金化できる資産があるか、の指標です。120%以上あれば安全です。

3 当座比率

これは、

当座資産 ÷ 流動負債

で算出できます。数字の意味は2と同じようなものです。どれだけすぐに現金化できるかの安全度を示した指標です。これは90%以上が安全圏です。
 

最後に

いかがですか。
四季報などにはここまでの数字が乗っていない場合もありますが、その会社のホームページにいけば株主向けのIRのページがあって、以上の数字は確認できますので、ぜひ確かめてください。

(日系大手メーカー総合職 慶應義塾大学経済学部卒 ヒロリンさんよりご寄稿頂きました)

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削