就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

グループディスカッションは配役で勝つ!実は”オイシイ”リーダー役とその活かし方

みなさんこんにちは!

みなさんは、グループディスカッションでリーダーをやろうと思いますか?思いませんか?
実はグループディスカッションではリーダーをやった方がいいんです!(もちろんコツを押さえられれば、という条件はあります)

本日は某自動車メーカーの営業職に就職された方から、グループディスカッションのコツについてお話をお伺いしましたのでご紹介します。
グループディスカッションを控えているみなさん、是非参考にして下さい!

グループディスカッション

リーダーの役はやるべき

グループディスカッションのコツで、よく意見が分かれるのが「リーダーになるべきか、避けるべきか」ということです。

避けるべき、ということを主張する人の根拠は「負担になる」「リーダーになっただけでは評価されない」などがありますが、私はグループディスカッションの時には率先してリーダーを勤めるようにしました。

もちろん、ほかにも立候補がいた場合は、譲ります。そこで自己主張が強い、と思われたら逆の評価になってしまいます。

そうならないで、リーダーになった場合は、まずは「積極性」という部分で少しですが、加点が取れます。

リーダーは評価ポイントのほとんどをカバー出来る役

また、リーダーになるメリットはそれだけではありません。
グループディスカッションでは、多くの企業が観察し評価する点は同じです。

つまり、コミュニケーション力があるか、論理的な思考ができるか、チームワークが取れるか、プレゼンテーション力があるか、などです。

リーダーになると、図らずもこの能力すべてがあることを(うまくできればですが)印象付けることができます。それも、自分がいつ発言しようかと考えたり狙ったりすることなく、自然にアピールできます。

それを、「グループディスカッションのコツ」と一緒に説明します。

グループディスカッションのコツ(リーダー)

テーマの定義を投げかける

まず、ディスカッションが始まる前に、テーマについての定義をリーダーとして投げかけましょう。
テーマはたいがい、「当社のブランド力を上げるためにはどうしたらよいか」などの漠然としたものが多いので、議論としても漠然としたものになりがちです。

それを、

「まずここで議論するブランド力とは何か、ということについて話し合いたいと思います」

というように、テーマを明確にする方向で進めると、議論も進めやすいですし、何より「論理的にものを考えられる」と評価されます。

バランスを考えて話を振る

そして、なるべく全員に平均して話してもらえるように、バランスを考えながら話を振りましょう。

中には口下手で議論に入れない人もいますが、そういう人も

「こういう考え方がでましたが、●●さんはどう思いますか」

というように、話を振りましょう。

これによって、チームワークが取れる、チームをまとめることができる、コミュニケーション力がある、と一気に評価は上がります。

以上のようなことに気を付けられれば、リーダー役はぜひやるべきだと思います。

(大手自動車メーカー営業職 慶応義塾大学経済学部卒 ペンネーム「もうれつあ太郎」さんより)
 
 

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削