就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活に向けての「基礎体力」を養うためにオススメな9つのアクション

こんにちは!
さて、本日は個人的にお勧めする就活本番前の行動を考えてみました。

いろいろ選択肢はあるとは思いますが、一つの参考としてみてくださいね。

①企業・業界研究をする。

就活が本格化する前から、気になる業界や企業についてネットなどで調べてみましょう。
最初にこれをやっておくと後々楽です。

余裕があれば、興味のある業界以外にも興味のない業界もチェックしましょう。
思いの他、企業間の取引でつながっている場合があり、全体の構造が見えてきます。

②日経新聞やBloomberg(英語版)などを読む。

日経新聞は社会人必須のツールです。
…というのは強すぎますが、少なくとも日経新聞を読んでいることで、
“一般的な社会人”が日本経済を中心に、世界の経済の現在の状況をどのように把握しているのかというのがわかるようになってきます。(正直、それ以外の一般紙はその発行企業や関連会社を受ける場合を除き、読むだけ時間の無駄です。業界に興味があるのであれば、専門紙を読んでみるのも面白いと思います)
企業・業界研究ができるのはもちろん、企業によっては採用の方向性などがつかめるようになってきます。

余裕がある人は…?

Bloomberg(英語版)などの英語圏のニュースは、読むと世界的な経済状況を把握できるようになります。特に外資系金融などを受けようと考えられている方にはおすすめします。

こちらに関しては市場や経済、政治の状況に関して、日本の新聞よりも半年〜一年ほど早いニュースを掲載していることもあり、情報を早く把握したい場合は目を通しておくべきでしょう。

③インターンをする。

今のうちに企業での実務を通じて、社会の様子を見てみると良いでしょう。
働くとはどういうことなのか、自分のやりたいことは何か、自分にできることは何かなどを知ることができ、自分のライフプランやキャリアを考える上で非常に役に立ちます。

2週間〜1ヶ月程度の社会見学としての短期インターンから、長いスパンでの長期インターンもあります。
長期インターンは長い間(一応)戦力の一員として実務に関わることができるので、より自己分析や、実務を通じての成長が見込めるでしょう。

大手ナビサイトなどで募集しているケースもありますが、案外直接連絡してインターンOKという企業もあります。インターン情報を掲載していなくとも気になるところがある場合は、まずは接触してみましょう。

④OB・OG訪問をする。

OB・OG訪問をしてみましょう。
「説明会」からではわからない、もっとフランクな「企業情報」を入手できることもあります。
全ての企業が、というわけではないですが、もしOBやOGに認められれば、人事へ報告が行き、
1次面接免除やリクルーターがつくなど、採用ハードルが若干ではありますが、下がることもあります。

OB・OGが見つからない場合は、サークルに所属している方はサークルの先輩を頼ってみるのも一つの手ですし、校友会を活用してみる、というのも一つの手です。(企業側に問い合わせれば、探してくれることもありますが、あくまでも迷惑にならない程度にしましょう)

⑤留学をする。※語学留学は除く

留学をして、海外で自分の学びたいことを学ぶのは非常に有効でしょう。
ただし、語学留学はあまりPRになりません。
※むしろパターンによってはマイナス印象になります。
「語学ができること」はあくまでもツールでしかないからです。

その「得た語学で何ができるのか、何をしたのか」が重要です。

⑥旅をする

違う価値観に触れることは、大きな成長となります。
特にツアーや観光ガイドから外れると思わぬ発見があります。
(もちろん、それを見つけるための知識や知恵は必要です)
※ただし、安全情報はしっかりと確認してください。
日本の安全感覚を適用することは、最悪の結果に至るケースもあります。

⑦勉強をする。

当たり前の話ではあるのですが、企業はやはり「何のために勉強をしてきたのか」
また、その「勉強をしてきたことをどう社会で生かしたいのか」を求めます。
そこのオリジナリティがあれば、十分にPRポイントとなります。

⑧本を読む。

本を読むということは見識を広めるだけでなく、文章力の強化につながります。
履歴書やエントリーシートは文章の表現力だけで通過率が大きく変化することも。
また、自分の体験を企業が求めている人物像に結びつけるためのロジック力も鍛えられます。

他にもSPIなどのテスト対策にもなります。

⑨ブログを書く。

自分の思ったこと考えたこと、勉強したことをアウトプットする場としてブログを活用しましょう。
アウトプットすること、実際に表現することは、実践という意味での文章力強化につながります。アメブロなど、簡単にスタートできるものがあるので、そういったものから始めてみましょう。

ざっとではありますが、思いついたものを書いてみました。
この項目についてもっと知りたい!
というものがあれば、twitterでコメントをいただければ(掘り下げられるものは)掘り下げたいと思います。

それでは、また!