就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

「協調性」はいらない?外資系企業の特徴と就活の面接でアピールすべき2つのこと


外資系企業の特徴はどういったものなのでしょうか。
就活の選考で気を付けるべきこととは?

本日は外資系の保険代理店に就職された方からお話を伺いました。
外資系企業といってもいろんなものがありますので、一つの参考になればと思います。

外資系企業研究

英語はそこまで堪能でなくても入社できる

外資系企業というと、外国人が沢山いてオフィスでは皆英語で会話しているようなイメージを持つものです。
しかし実際には外資系と言っても大手の企業程日本の資本も入っているし、スタッフもほぼ全員日本人と思って良いでしょう。
秘書や営業職でもない限り、基本的に英語が堪能でなくても良いので安心しましょう。

①コミュニケーション能力

外資系企業に就職したいと思ったら、まずコミュニケーション能力があることをPRしましょう。

外資系の特徴として、思ったことや新しい発想があれば、上司に報告できるシステムがあるところが多くなっています。この時にも相手を説得できるように伝えることができなければいけません。

コミュニケーション能力は面接でも評価されるところですので、是非押さえておきましょう。

②プレゼンテーション能力

また、会議の時にはプレゼンテーション方式をとるところが多くあります。
人前で堂々と話すことができるプレゼンテーション能力は、外資系において非常に評価されます。

そして面接の際には、このプレゼンテーション能力をPRすると好印象を与えることができます。
一つの議題に関して問題点を考え、新しい発想を持ち、それを具体的に説明できる能力を養いたい、或いは興味があるので伸ばしたい、ということでも良いでしょう。

もちろんチャート作りも含めて、自分の能力が生かせる場は外資系である、ということで締めくくるとまとまります。

「協調性」より「積極性」

いずれにせよ、外資系でも新卒を採用するのは殆ど大手の企業ですので、研修もきちんとさせて貰えますので心配はいりません。
面接官は殆どが日本人ですので特に緊張する必要もありません。

必要なのは「何があっても負けずに前を向いて仕事を覚えていく」という姿勢なのです。
「協調性」を重視する日本の企業と唯一違うのはその点でしょう。

(保険代理店 営業補佐 Megさん)

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削