就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

こんな学生は嫌だ!OB訪問する際に就活生が気をつけたいこと

OB訪問は、企業研究の中でも企業の内情を知ることができるとても良い手段ですが、行くことだけが目的になってしまっている方も少なくないようです。

今回は広告業の営業職で働いている方から、「こんなOB訪問に来る学生は嫌だ」と感じた経験談をお聞きしました。
みなさんはこんな学生になっていませんか?

OB訪問注意事項

後輩の力になりたいという思いでOB訪問を承諾

OB訪問を受けた時のことです。ある学生さんからOB訪問の依頼を受け、学部は違えど同じ大学出身とのことで、私も出来る限り力になってあげようと思っていました。

丁度納品なども重なって忙しかったのですが、会社のビルのカフェで30分くらいなら時間取れそうだったので、待ち合わせをすることに。

ただ頷くだけの学生に「何をしに来たのだろう」

カフェで落ち合い、お互いに軽く自己紹介をした後、彼はいきなり無言になってしまいました。

仕方なく、こちらが今どういう仕事をしているかということを広告代理店の仕事や仕組みの説明も交えて話しても、ただ頷いているだけ。

広告代理店に入ってどういう仕事をしたいの?とか、どういう広告が好きだった?とか、色々こちらから質問して、彼が何を知りたくてOB訪問に来たかを探ってみたのですが、ただ頷いているだけだし、特に質問もないようでした。

あまりの積極性のなさとリアクションのなさに、この学生は何をしに来たのだろうと心底不思議に思いました。

時間を割いてもらっているのだから、積極的な態度で臨もう

OB訪問は、大学の先輩である社会人の人に時間を割いてもらって話を聞く場所。

時間を割いてもらっているという意識もない上に、特に何かを知りたいという意欲もないようでは、せっかくの機会がムダになってしまいます。

OB訪問は人事の面接ではないので、気の利いたことを質問しないといけない訳ではありません。

学生らしい青臭い質問でも良いので、何かを知ろうとする意欲だけは積極的に見せて欲しかったなと残念に思ってしまいました。

(広告業界営業職 早稲田大学商学部2005年卒 ggさん)

編集部よりコメント

いろんな就活サイトや先輩、大学のキャリアセンターなどから「OB訪問はやった方がいい!」と言われ、とりあえずやってみるかという人もいるかと思います。

しかし、OB訪問をする際には、「何故やるのか」ということをしっかり考える必要があります。でないとこの例のように、行っただけになってしまい、何も得られず自分とOBさんの時間を無駄にしてしまいます。OB訪問は聞きたいこと、確かめたいことがあるからするのですよね。

聞きたいことがあってOBさんにアポを取ったのならば、しっかり聞きたいことを事前にリストアップしておくようにしましょう。これで緊張して当日言葉に詰まることはなくなります。さらに言えば、前日あたりにメールなどで送っておくと、当日スムーズに話を進めることが出来ますよ。

折角自分の時間を割いて、そしてOBさんの時間を頂いてOB訪問しているのですから、その時間を無駄にしないようにしましょう。OBさんも、「とりあえず来ました」という態度の学生よりは、積極的な学生を応援したくなるものです。

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削