就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

留学斡旋業の海外支店での仕事内容・求められる能力とは?


今回は、留学斡旋業に就職し、現地でお仕事をされている方にお話を伺いました。
海外での仕事に興味のある方は、是非参考にしてみてください。

留学斡旋業の海外支店

営業から専門的な仕事まで仕事は多岐に渡る

私がしていた仕事は留学斡旋業です。海外に支社があり日本からその国へ留学したい中高生、大学生、社会人の留学のお手伝いをしていました。私の会社では、海外旅行の現地でのサポートから留学の斡旋までを行っており担当する仕事も多岐に渡っていました。大手の会社であれば分業されますが、多くの留学斡旋会社は小中規模が多いので営業から専門的な仕事までこなさなければなりません。

実際の現地での仕事内容とは?

私の担当は留学斡旋で、主に中高生と大学生の留学のお世話をしていました。

日本国内での営業活動により留学に興味を持ったお客様への電話やメールでの対応、必要な学校や町などの資料の送付を行い同時に現地の学校へ赴き受け入れの手続き住居の手配を行いました。

留学生が日本から到着すると、最寄りの空港まで迎えに行き必要最低限の買い物や町の案内ホストファミリーとの面会や学校への挨拶などの引率を行いました。現地の生活に慣れるまでは一緒に学校へ付き添ったり公共機関の使い方を教えたりかなり忙しいです。

また日本の家族への定期連絡や、現地の学校や受け入れ家族との面談で問題点の有無を確認するなど1か月程度は非常にめまぐるしくなります。日本の学校の関係で留学生が多く到着するのは3月下旬から4月ですので、この時期は1人当たり数名の留学生を担当してお世話をすることになります。

留学生が未成年の場合は定期的な面談をして悩みや問題点などを相談し、学校の授業の様子を確認して、語学や学習に問題がある場合には専門のスタッフが補習などを行います。

閑散期には学校訪問など

また、現地の人や学校と良い関係を構築することも非常に重要なので、あまり留学生のお世話が忙しくない時期は、1日に10件程度学校訪問を行っていました。新しく受け入れてくれる学校を探すなどの業務提携をするためです。現地のホストファミリーを集めての食事会や感謝祭の企画や準備なども年に数回ありました。

語学力や、環境適応能力が必要

この仕事では、現地での仕事がほとんどなので私の場合は英語の能力が重視されました。現地の大学を卒業した日本人を雇うこともありますが、私は現地の大学への留学経験があり現地の様子も分かっていたので採用されたと思います。

何より異国で暮らすので、自分自身が生活に慣れるのに大変な部分も多く、ホームシックなどで帰るスタッフもいました。日本の会社と少し体質が異なる部分もあるので、柔軟性や色々なものに適応できる能力が必要です。語学力も大切ですが、色々な人と関わる仕事なのでコミュニケーションスキルは非常に重要です。日本の学生、現地の人、日本人の保護者など色々な立場の人と適切なコミュニケーションが取れることは仕事を進める上で不可欠です。

また、日本の習慣や文化など日本について十分に理解することも必要かと思います。最後に、サービス業なので相手を楽しませる、良い気持ちにさせることを一番に考えて行動できることがこの仕事では大切だと感じました。

(サービス業内定 埼玉大学教養学部 2004年卒 totsunさん)

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削