就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント。 就活カレンダー でES〆切もチェックできます!)

先輩全員にOB訪問!?どうしても行きたい業界に入る為に私がしたこと

どうしてもこの業界に行きたい!と、行きたい業界にこだわりを持っている方もいると思います。
今回は、どうしても行きたかった旅行業界から見事内定を勝ち取った社会人の方に、どう勝ち取ったのかというお話を伺いました。
ここじゃなきゃ嫌!という思いを持っているみなさんは是非参考にして下さい。

就職氷河期・・・行きたい業界は決まっていた

私が就活を始めたころはちょっと前になりますが、「氷河期」「超氷河期」と言われたころでした。つまり、大卒にとっては受難の時期でしたね。女子なんて、ハナから相手にされませんでした。
OB訪問も相当やりました。私は最初から旅行業界を狙っていたので、業種を絞ってまわりましたね。業種は絞りましたが、仕事内容は何も決めなかったのでOB訪問ではあらゆる職種の先輩のところに行きました。これが意外とよかったみたいです。
就活を始めたばかりのころは、私も方法やコツがよくわかりませんでした。ただ「旅行業界」に入りたい一心で、どんな部署でもいいからもぐりこみたいと思っていただけでした。それで、旅行会社に就職した先輩を手当たり次第にOB訪問したわけです。

地味な職種の方が入りやすい?

そんな中でひとり、経理で働いている先輩がいました。その人にあってみて初めて、営業だけでない仕事もあると気がついたのです。さらに言うなら、そういう地味な職種の方が、ひょっとしたら入りやすいのではないかと。
つまり、旅行業界なら添乗員とか営業とか、そういう職種がクローズアップされますよね。社会経験が少ない学生は、「旅行業」と聞くとそれだけで華やかな仕事のように思います。ですが、冷静に考えてください。どんな会社も華やかな営業部門だけではやっていけないんです。地味で、目立たない「総務経理」部門がなければ、会社としては成立していけないんですよ。

先輩全員をOB訪問してみるのも手

というわけで、抜け道のように経理を志して、無事に就職しました。実は、経理総務をねらおうと思ってから、あわてて簿記の試験を受けたんです。落ちたら何の資格もなしで就活しなくてはいけないので、必死で勉強しましたね。無事に合格したのでほっとしたのを覚えています。
というわけで、もしも働きたい業種がきまっていて、その会社で働けるならどんな部署でもいいという場合は、その業界で働いている先輩全員をOB訪問するようにおススメします。自分では考えてもいなかった職種があったりするんですよ。
ちなみに私は総務経理で採用になった後、異動で役員秘書もやりました。これまた意外な世界を覗けて楽しかったです。

編集部よりコメント

会社のパンフレットでピックアップされているような職種ばかりが印象に残りますが、もちろん企業には様々な職種が存在します。とりあえずその業界に就職したいという方は、徹底的に職種を調べてみるといいかもしれません。

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削