就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

外資系企業における選考(エントリーシート〜英語面接)と、入社して感じたこと


IBM、Oracle(オラクル)、SAPなどの外資系企業から内定を取り、ITコンサル会社に就職された社会人の方からの寄稿記事です。
外資系企業への就職を考えている方は、参考にしていただければと思います。

なぜ外資系企業だったのか?

私が当時、外資系企業で働きたかったのは年功序列にみる日系企業ではなく実力主義の外資系企業でスキルを磨き、後々には独立し起業したいと考えていたからでした。

また英語を活用して仕事をすることを必須として挙げていたので、外資系企業への就職はごく自然なものでした。

外資系企業での選考の内容は?

そのときの就職試験は『エントリーシート、グループワーク、筆記試験、個人面接、集団面接+先輩社員との交流、最終面接』といった感じでした。

私が苦手だったエントリーシートと集団面接やグループワークについて、どのように乗り越えたかをお伝えしたいと思います。

エントリーシート突破の秘訣とは?

今思えば、エントリーシートは大学名などで受かるというよりは、そこに書かれているビジョンが「どれほど地に足が付いているか」、だと思います。

同じ外資系企業を受けていたある友人は夢を大きく語りエントリーシートで落ちることがほとんどでした。
正直、私もその傾向が強く、何社かエントリーシートで落とされてしまい先に進むことができませんでした。

そこで外資系のエントリーシート試験を通過した友人に内容を教えてもらうと、割と普通のことが書いてありました。
しかし普通というよりは実際に実現可能そうで難しいことを自分の言葉で分析したり、その企業が出している商品に対して、良い意見はもちろん悪い意見も書いていたことでした。
あまりこのような文章は好まれないんじゃないかと思いましたが、私もそれを真似てみると、そこからいとも簡単にエントリーシート試験を通過することができました。

それを自分で分析してみた結果、私は自分の中でその会社の展望や商品を「本当はどう思っているのか?」を自分の言葉でしてみた結果だと分析しました。
多くの人が書く、インターネットや雑誌の言葉ではいけないが、夢を見過ぎた言葉でもいけない、自分が本当はどう思っているのかを書くことが大切で企業はそれを見ていると感じました。

「英語面接」を乗り越えるための訓練方法

またグループワークですが、私はこれで多くの企業から落とされました。

外資系企業だと英語の面接が多くあります。

[hide]幸運にも留学経験があり、英語は得意だったので、言葉を話すことは問題ないのですが、それは仕事で使える英語ではありませんでした。
留学時も現地の人とストレスなく話すことは出来たのですが、それがビジネス英語ではありませんでした。

しかし、外資系企業で臨むのは即戦力としての人材です。
その面、私の英語は日常会話では何ら問題がないのですが、ビジネスの世界に入ると通用しませんでした。
単語を知らないことが多いので、ビジネス単語が出てきませんし聞き取れませんでした。

そのため、短い就職期間で私は徹底的にビジネス英語を勉強しました。
本を購入し英字新聞も購入し毎日読むようにしました。[/hide]

その結果、就職活動当初に内定を全然もらえなかった私は、数か月後に数社の内定をもらうことができました。

外資系企業に入社して感じたこと

外資系企業の就職活動をして感じたことは、「今は何もできませんが入社したら頑張ります」が効かないということです。

もちろん入社後の努力は必須ですし、それは外資系でなくとも同じはずです。
しかし、仕事の効率などを徹底的に追求する外資系企業では効率の悪い人は好まれません。
就職試験の時だけ頑張っているような人であれば太刀打ちできないでしょう。

ただ、外資系企業は冷たい会社ではありません。
人の熱意に日本企業よりも答える会社だと私は思っています。

自分のやりたいことが誰よりも強く持っており、その手段を講じることができ仲間をサポートできるような人材であれば、外資系企業ではウエルカムだと思います。
やはり企業は人なので、そこをポイントに就職活動してみても良いかもしれません。

(ITコンサル会社勤務・2008年卒 とーるさんからの寄稿です。)

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削