就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

報酬の少ない、長期インターンシップに参加した体験談

ベンチャー企業での長期インターンシップに参加した方からの、インターン体験談です。
インターンシップへの参加を検討している方は、参考にしていただければと思います。

ベンチャー企業で半年間のインターンを経験

私はタカラトミー、ユニチャームのインターン選考で連敗し、その失敗を生かして「自分の本当にやりたい事はなんだろう、その経験を積めるところはどこだろう」と考えた結果、ネットベンチャーである絵本ナビという会社でインターンに採用され、半年間のインターンを経験しました。

アルバイトとは違い、報酬はほとんど出ませんが「意識の高い社会人の中で働く」という貴重な経験ができたと思っています。

普段知ることができない、企業のことがわかった

私がインターンで経験した仕事は、webサイトの記事編集、営業同行、企画提案などでした。

インターンでは大きく分けて三つのことを学びました。

まず一つ目としては、普段ならば入ることのできない会社に営業として入れることです。自分の興味のある業界のインターンに採用されなかったとしても、その会社と取引のある会社のインターンで営業同行ができれば、その会社の雰囲気をより深く知ることができます。
その企業の雰囲気や仕事内容が想像していたものと違っていたり、また知らなかった会社もたくさん知ることができるので視野を広げることができたと思います。

自分の企画にフィードバックをもらい、経験を積める

二つ目は、自分が企画提案したものが社会に出て多くの人に見られるという経験です。
そもそも自分の企画したものを提案し、そしてフィードバックをもらって精度を高めていくということ自体を経験することはなかなかできない事だと思います。
それを経験できたこと、そしてそれが実際に世に出てお客様からのリアクションがあることもとてもいい経験になりましたし、これから働く事を考える中で大きな自信にもつながりました。

不安が自信に変わる。

三つ目は自分の想像している「働く」というイメージとのギャップを埋めるいい経験になったということです。
学生時代に漠然と抱いている「実際のところどうやって働くのだろう」「自分にもできるのだろうか」という不安を払拭するだけでなく、「私も社会のためになることができる」という強い自信につながりました。

インターンをするのとしないのでは、自分の将来を考えていく上での視野や自信が変わってくると思います。
インターンを経験することで、就職活動での自信につながってくると思います。

※編集部注

ベンチャー企業のインターンが全て報酬が少ないというわけではありませんが、報酬を目当てにするのではなく、他に得られる物が大きいということがご理解いただければと思います。

長期のインターンと、短期のインターンでは参加目的も全く異なります。
どちらが自分の求めているものなのか、よく考えて参加していただければと思います。

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削