就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

個人宅向け、光回線の営業。キツそうなイメージがあるけど実際のところは…?


今回は、法人営業ではなく個人向け営業の仕事をされている方にお仕事の話を伺いました。

戸別訪問して新規獲得する仕事。

私は営業の仕事をやっていました。
とくにインターネットの光回線の契約を取る仕事です。
基本的には、法人でなく個人を対象とし、戸別訪問をするなどして新規の顧客を獲得するのが目的です。

個人向け営業で重要なこと

[hide]まず業種にかかわらず、「営業」という職種に携わる人にとって重要なことは、会話のスキルです。
嫌味のないさわやかな口調で話すのはもちろん、きちんと要点を抑えたプレゼンテーション能力や、相手に不快感や威圧感を与えない礼儀正しさが必要となります。

また顧客へ商品の良さをうまく伝えるには、当然ですがその商品のより良い理解を抜きにはできません。商品の情報をしっかり頭に入れ、さらにその情報を会話として組み立てる技術が求められます。

上記のようなスキルのほかに、一日の戸別訪問の回数をなるべく多くすることも重要なことです。
私も営業の成績が悪い同僚を何人か見てきましたが、「契約を取れる能力があるか」以前の問題として、そもそも訪問の回数が少なすぎるケースがほとんどでした。

まあ営業に関しては、商品の情報をいち早く頭に詰め込むことができ、臨機応変に会話をこなし、たとえ契約を取れなくともすぐさま次の訪問に移れるような、体力のある活発な人に向いていると思います。契約が取れなくても諦めずに我慢強く回数をこなせば、必ず結果が出ますし、その結果がやりがいにもつながります。[/hide]

インターネット回線という商材の特性

他の営業とインターネット回線の営業を比較した際の特徴としては、インターネットが生活を支えるインフラとしてほとんど必須となっている昨今では、どのような人にも商品として薦めやすいという点があげられます。
例えば、住宅販売ならば相手の年収や年齢をより絞りこまなければいけません。
インターネット回線の場合は、男女の区別なく、しかも成人ならば大抵は顧客対象となり得ます。

営業時に苦労すること

営業で苦労する点は、まれにですが「営業」と聞いただけで怒り出す人がいることでしょうか。
話も聞いてもらえないので、対応のしようがありません。
こういう場合、前向きに、嫌な記憶を忘れるためにも訪問回数を加速して多くの契約を取り成績をあげるしかありません。

営業は多くの企業が成績に応じた報奨金(インセンティブ)を出しているので、嫌なことがあっても、頑張れば頑張るほど給与に反映され、自分の仕事に対する満足感を得ることができるでしょう。

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削