就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

ウェブディレクターの仕事とは【職種研究】


ウェブディレクターと言っても、受託製作を行う企業でのウェブディレクターと、自社サービスを開発する立場でのウェブディレクターとでは仕事の方向性が異なります。

受託制作会社のウェブディレクター

今回は、主に受託製作を行う会社にてウェブディレクターをされている社会人の方に、ウェブディレクターの仕事の内容と仕事で求められることについてお聞きしました。

ウェブディレクターの仕事とは?

WEBディレクターの最大のミッション、それはお客様から依頼されたWEBサイトを公開させることです。
そのために何をすべきか、何が最善策なのかを考え、スタッフを動かしたり、お客様に提案を行ったりします。

厳密に言うと、会社によってWEBディレクターという職種の立ち位置は違います。
自分で作業をする(デザインやコーディングなど)人もいれば進行管理(スケジュールを調整したり見積もりや請求をする)をする人もいます。
自分の与えられた範囲で、いかに効率良く、お客様の要望に沿ったサイトを公開までたどり着かせることが出来るかが私たちWEBディレクターの腕の見せ所です。

ウェブディレクターになるために大事なことは

[hide]
また、お客様にとって良いWEBサイトとは何かということを常に考え続け、提案し、時にはお客様と意見が対立しても信念を貫くことが大事な局面も出てきます。
そんな時にお客様を納得させる証拠やノウハウを持ち合わせているかも非常に重要になってきます。[/hide]

このように、WEBディレクターの仕事は多岐に渡っているため、具体的にどんな人が向いているかは、自分の受け持つ案件だったり、会社の方向性でまちまちだったりもします。
しかし、どの種類のWEBディレクターにも共通して言えることは、自分がディレクター(監督)であるという自覚を持ち、責任感を持って案件に取り組む姿勢が必要だということです。

多くの会社で、社外のお客様とやりとりをするのはWEBディレクター自身です。
自分が会社を背負っているという自負、自分次第でWEBサイトの良し悪しが決まってしまうというポジションである以上、ディレクター自身が責任感や危機感をもって働かなければ、会社自体の評判や売り上げを落とすことになります。

その責任感の中で取り組むことのできる精神力も、重要な要素の一つです。

(東海大学 文学部2011年卒 SSSさん)

出版社のウェブディレクター

続いて、出版社において雑誌・ウェブのディレクターをされている方のお話です。
最近では雑誌もどんどんウェブ化していっているため、出版社や新聞社でもウェブの仕事は増えてきています。

1. あなたの[職種]をお教え下さい。また、どのような仕事内容なのかお教え下さい。

雑誌・WEBを制作するディレクターをやっています。
基本的な業務は、雑誌やWEBには「テーマ」があるので、それに沿った記事を作ります。
仕事内容は、記事の設計と、取材の準備、原稿のチェック、記事制作にかかわる一連の作業ですね。
作るものは、定期発行の紙の雑誌から、その都度更新されるホームページの記事、チラシやDMまでいろいろあります。

ちなみに、仕事の一連の流れを具体的に書くと、大体下記のような感じになります。
【記事の内容を設計→取材のスケジュール調整→カメラマンやライター、デザイナーを手配・顧客とのスケジュールを調整
 →写真やコピーをチェック→紙面を作成→顧客に原稿を確認してもらいながら修正→入稿】

2. その仕事では、どのような相手が顧客となるのでしょうか?ビジネスモデルをお教え下さい。

これは何とも言えませんね~広告を必要とする方なら、どなたでもお客様になります。
企業や団体はもちろん、個人の方まで。
このネタに注目してほしいから取り上げてほしい!もっと知ってほしい!から、何か新しい見せ方を考えてくれ!まで。お客さんの要望は様々です。

極端なこと言えば、大企業のCMも、町内報の「子猫いりませんか?」的なひとこと掲示板も。必要とする方はみんなお客さんになりうる感じです。

作るものに関して言えば、会社によって得意分野が違うので、就職する会社によって顧客層が違うと思います。
町のフリーペーパー作るのが得意な会社もあれば、ファッション誌を作るのが得意な会社もあり。学校や企業のパンフレットなど、固いものを作るのが得意な会社もあります。

3. なぜその仕事に就きたいと思われたのか、お教え下さい。

もともとモノ作りが好きで、WEBに関する作業が得意だったから…ですかね。
あとは作文を書くことが得意だったので、これらを生かせる仕事って何かな~と考えたらここに行きついた感じです。
黙々と何かを作り続けるのが苦じゃなかったことと、パソコンやWEBを使うのが好きだったことは、今の仕事にプラスになっていると思います。
何かを作る仕事なので、「考える」「作る」「作業する」ということが得意な人は、ディレクターの素質はあると思いますよ。

4. その仕事を行う上で、どのようなスキルが必要とされますか?また、そのスキルはどのようにして身につけられましたか?

一番必要なのは「コミュニケーション力」です。大学の時コンビニのバイトしていたのですが、その時より必要とされているかもしれません。
結構勘違いしてこの業界に入ってくる方が多いですが、黙々と一人で作業をしたり、コピー書いたり、デザインしたり…なんてことはありません。
むしろ意外かもしれませんが、向いてないのは「自分の感性に自信がある!これを極めたい!」「自分のポリシーを貫きたい!」という人。

ディレクターは毎日いろんな人と話します。営業・カメラマン・ライター・デザイナー・アシスタント・会社の同僚・取材先の人…とにかく毎日打ち合わせ。
そのなかで、どういう紙面を作りたいか、どんなイメージにしたいか、自分と相手の考えをしっかり交換し、理解し、擦り合わせなきゃなりません。

なので、「自分は絶対こうしたい!何が何でも!」というタイプの人は、相手と衝突しちゃって、うまくいかなくなるんです。

私の場合は、もともと人と関わるバイトを多くこなしていたこと。今の会社の個性派営業と対峙していくこと。これで磨かれましたね。
部活動と同じで、毎日練習することで少しずつ身についていくんだと思います。

5. その仕事をやっていて、大変なこと、苦労するのはどんな事でしょうか?

やっぱり対人折衝です。お客さんはもちろんですが、写真やコピーを作ってもらう人に、「どんなものをつくってほしいか」、イメージを伝えるのがかなり大変です。
それから、一緒に仕事をする人との関係も大事です。打ち合わせの段階で喧嘩別れしたらプロジェクト立ち上がらないですからね。

うちでは営業に個性的でプライドの高い人が多いので、彼らとの折衝にかなり気を使います。
プライドを傷つけずに、それとなくやる気を起こさせたり、暴走を止めたり、無理難題を調整したり、褒めて褒めて機嫌を直したり…振り回されているようで、手綱をしっかり握っているのがディレクターです。
ちなみにこの業界では、企画書は適当でも、人柄や話術で大きな受注してくる人が多いです。
なんというか…その人の話を聞くだけでやってみよう!と思えてくるというか…。
セールストークのうまいテレビショッピングの営業マン、と言った方がイメージしやすいでしょうか?
良くも悪くも、口八丁手八丁の人がうまく生きられる業界だなぁと思います。

6. その仕事をやっていて良かったと思う時はどんな時でしょうか?やりがいを感じられるポイントをお教え下さい。

これも人それぞれですね~。それぞれがそれぞれの目標をもって働いている人が多いです。
ある人は、どんどん出世して地位とお金を手に入れたい。またある人は、短期間でスキルを身につけて独立したい。
割と独立したり、フリーランスになる人が多い業界なので、会社組織にいるときは目標までの準備期間としている人が多いと感じます。
私の場合は、自分のできることや知識が増えていくのが楽しいです。
もともと職人気質なので、自分の技術が磨かれていくこと、できることが増えていくことがうれしいと思います。
対人折衝も日々の仕事で鍛えられるので、人間関係の多少のいざこざはスマートに切り抜けられたりできるようになりました。
あとは、個性的な人が多いので、多少変わり者でも許されるということでしょうか(笑)?
もちろん常識の範囲内で、仕事もきっちりこなしたうえでですが…。
コミュニケーション力があって、性格も明るく友達も多い…だけど、ちょっと変わり者で元気がありすぎる。そんな人にはあっている業界だと思います。

7. この仕事に興味を持っている学生に、メッセージをお願い致します。

出版業界は、一見華やかな仕事に見えますが、実際はかなり地道な仕事です。
自由裁量が大きい分、責任も重いです。何より、自分で何をするか、何をしたいか、しっかり考えを持っていないと日々の仕事に押しつぶされます。
また業界全体に言えることですが、一つの会社に長く勤めるという働き方はあまりなく、その人の腕次第で食っていかなければならないという厳しい世界でもあります。
なので、若い時にしっかりスキルを身につけて、30代までに自分はこれ!というものを持っていないとなかなか生活していくのが難しいです。

あと、ぶっちゃけかなりの激務です。
深夜労働も会社泊もあり、出張に行ったきり1週間…なんてざらにあります。大きな会社になれば、日本全国どこでもいけないと仕事になりません。
今から体力づくりと、メンタル鍛えることをオススメします(笑)

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削