就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

東北地方大学生の高速バス利用体験談と利用時の注意事項

先輩方の体験談

(東北大学工学部卒)

私は宮城県仙台市の大学に通っていました。
それで、試験を受けるために東京まで行く際に毎回高速バスを利用しました。
私の場合は、兄がすでに東京に住んでいましたので、前日の昼間に高速バスに乗り、夕方に着いてその日は兄の家に泊まり、翌朝から就活を行いました。
昼間ですので、移動の際に、企業情報や面接でどのように回答するかを頭の中で繰り返し考える機会となりました。
高速バスだと3000円から4000円ほどで東京まで行けたので、経済的にも非常に助かりました。

(山形大学農学部卒)

当時は山形県の鶴岡市に住んでおり、就職した場所は青森県八戸市に本部をおく企業でした。高速バスは鶴岡から仙台、仙台から八戸市と乗り換えを一回して利用していました。鉄道を使った行き方も考えましたが、日本海側は電車そのものの本数も少なく、また片道でおよそ12000円かかり、行きにくくお金もかかるということで、高速バスを乗り継いで行った方が運賃も安く済むことがわかりました。
高速バスでの運賃は併せて8000円弱で、移動時間は併せて約7時間ですした。よって、移動時間に余裕があります。バスでの移動中に車酔いはしないし、隣の席の人に迷惑もかけられないので、就職に関する本を読んで過ごしていました。
例えば、筆記試験のときはSPIに関する本を、何度かある面接試験のときは、どのような心構えについての本を読みました。ただ、あくまで移動する前までに試験の対策をしておくのが当たり前なので、新しく本を買って過ごすということはせず、試験勉強に使った本を復習する意味で読むのが良いと思います。
高速バスの利便性ですが、仙台・鶴岡間は比較的本数が多いのですが、冬期間は降雪のため、山形自動車道が50km/h制限になるので、到着時間が大幅に遅れます。私が経験した中で一番遅れた時間は2時間です。また、仙台・八戸間は一日に3便で、こちらも冬期間は高速道路が通行止めになると、国道4号線を使うことになりますので、少なくとも6時間前後かかることになります。
よって、天気予報を見ながら、予約をする・変更するといった行動をする必要があります。常に情報を得ながら行動してください。万が一、悪天候で試験日に間に合わないようであれば、事前に企業に報告や相談をしてみることも必要です。別枠で対応してくれる可能性があります。

各地域の高速バス案内

東京・横浜・千葉発の高速バス

青森・盛岡方面
仙台方面

仙台発の高速バス

東京・横浜・千葉方面

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削