就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

労働組合のない、非上場の準大手ゼネコンに就職して感じた問題点


大手ゼネコンに落ちて、準大手ゼネコンへ。

私は現在30代の男性です。
私は大学で土木工学を専攻していましたので、就職活動の際には建設会社への就職を考え、試験を受けました。
建設業の中でも私は現場での仕事をしたいと思い、希望はゼネコンでした。

[hide]大学3年生の夏休みに、大手ゼネコンの現場へ1週間インターンシップを受ける機会がありました。
そのインターンシップを通して、実際の現場で行うことやその労働環境などを目で見ることが仕事へのイメージが湧きました。

それから、3年生の秋から就職活動を行いました。
やはり希望は大手のゼネコンでした。

学校の推薦枠で大手のゼネコンの試験を受けることが出来たのですが、
最終面接で残念ながら落ちてしまい、それからは自分で就職先を探すことになりました。

日経ナビで準大手規模のゼネコンの求人を見つけ、そこの会社の試験を受けることになりました。
そして、試験を無事に通過し、内定をもらうことができました。

皆が不満を持っていても、改善されない職場

実際に入社してみると感じたギャップは、会社の社風がとても古いというものでした。
例えば、女性社員はすべて事務員だけで、しかも結婚したら辞めていくというものでした。

さらに、株式を上場しておらず、創業者家族による経営だったので、
会社内に労働組合がなく、福利厚生が充実していませんでした。

実際に、サイトに掲載されていた福利厚生と
現実に備えられる福利厚生に差があり、かなりのギャップを感じました。

その一つは有給休暇です。
有給休暇を申請しようとすると、上司から
ボーナスにマイナスの影響があるから、取らないほうが良いと言われました。

さらに、残業も基本的に認められておらず、
みなタイムカードを定時で押して、それから仕事を続けていました。

そうした不満をみなが持っていましたが、改善するための動きはなく、
やはり労働組合がないと、何も会社に行動を起こすことができないのだなと痛感しました。

その後、私はこの会社でずっと働くことはできないと感じ、
退職し、今は別の会社で働いています。

こうしたことが起きないように、できればその会社で実際に働いている人の声を聞ける機会があれば良いと思います。
今は、そうした実際働いていた人たちの話が投稿されているサイトもありますので、そこで情報を得るようにお勧めしたいと思います。
[/hide]

編集部から

他の記事で「タイムカードを導入しているから勤務時間がしっかり管理されているわけではない」
という事に言及いたしましたが、正にその事例となるお話でした。

この企業の場合、「労働組合がない」事が全ての原因ではなく、
従業員の持つ不満に対して、経営者がどのように考えているかどうかが問題でしょう。

寄稿いただいた話の中では、経営者に対して従業員が何か働きかけたのかどうかは読み取れません。
業歴の長い会社であれば「それが当たり前」になってしまっている可能性も否定はできませんが
労働組合がなくとも、経営者が従業員の意見を聞きながら
環境を改善していっているケースは多々あります。

準大手であっても、大手であっても、企業規模だけで安心することはできませんので
その会社の考え方や実態を見極める必要があるでしょう。

(この企業は非上場だったようですが、
 上場していても「実質的には」オーナーが半分以上の株式を保有しているような企業もあり、
 そのような企業では上場していても非上場時と変わらず「ワンマン経営」が続いている事があります)

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削