就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

公務員試験受験で知っておきたい4つのポイント(兵庫県 地方上級)


本コラムは、公務員試験の体験談となります。
筆記、面接対策だけではなく、民間就活での両立や、独学の方法についてもアドバイス頂きます。

公務員試験の競争は激化

バブルがはじけて以来、民間企業は冬の時代を迎えている業界が多くなりました。
それに対して公務員の世界は、そうした不況にもほとんど左右されることもなく安定した状態でここまで来ています。
それだけに、大学生の皆さんの中にも公務員志望者が大変多いのは納得のいくところです。

しかし逆に言えば、それだけ公務員試験は競争が激化し、難関中の難関となっています。昔のように公務員にでもなろうかというような気構えでは当然たちうちできません。

ではどのような対策を練っておけばよいのでしょうか?

[hide]

①筆記試験/学習計画は長期のものと短期のものの両方作成

まず筆記試験については、科目数が多いので何から手をつけてよいかわからなくなりそうですが、まずは1つずつつぶしていかなければなりませんので、取り組みやすいものから順にこなしていった方が勉強に勢いがつくでしょう。最初から苦手な科目に取り組むとテンションが下がってペースダウンは免れません。

学習計画は長期のものと短期のものの両方作成しておくべきです。
3ヶ月くらいをワンクールとしてその中で1週間ごとに細かいスケジュールを組んでいきましょう。

②面接対策/国あるいは県の課題について個人の意見と改善案を明確に

面接対策ですが、必ず尋ねられるのは志望動機です。
なぜ自分が公務員を志望したのか、そして合格したらどのような仕事をしたいかということは必ず押さえておいて下さい。

また国なり県なりが現在推進しようとしていることについてはきちんと把握しておく必要があります。
あとは国あるいは県の課題について。これは一般的に言われている内容よりも、国民、県民の目線で自分が個人的に、このような点が課題であり、将来的にもっとこうしていくべきだという点を理路整然と話せるようにしておくとよいと思います。

ただし、あまり批判的なことを言い過ぎると印象が悪くなりますので、あくまで将来的な課題という視点で、それを自分ならこうやって克服していくという内容で説明できればよいでしょう。

③民間との両立/内定後にモメることのないよう注意を

民間企業と掛け持ちをしている場合は、できるだけ民間企業に迷惑がかからないようにしましょう。

もし内定をもらった上で公務員試験にも合格した場合、公務員の方を選択したいということをどれだけ民間企業側に理解してもらえるかでしょう。

企業側もそのような事態をある程度見通した上で少し多めに内定を出しているところもありますので、一概には言えませんが、とにかく後でもめないようにだけ気をつけていただきたいと思います。

④独学/短期講習や模擬試験を受験するのもおすすめ

あと、公務員試験は独学でも十分合格できるということも言われますが、やはり公務員受験のプロである専門学校のノウハウは頼りにしておいた方がよいでしょう。せめて短期の講習や模擬試験くらいは受けて刺激を受ける方がマンネリ化せずに済みますのでぜひおすすめです。

ともかく、後悔しないように今日一日を精一杯頑張って下さい。

(関西学院大学 法学部 1986年卒業 hopstepjumpさん)[/hide]

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削