就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

ベンチャー社員が語る「若いうちの苦労は買ってでも」の理由


2008年に大学を卒業され、現在はアパレル事業に携わられている、
社会人の方から「新卒者のベンチャー就職」について記事をご寄稿いただきました。

ベンチャーの魅力と、見極めることの重要性

率直なところ、ベンチャー企業に挑戦するのは非常にエネルギーが居ると思います。

私自身、「新しいものに挑戦したい」という意欲の元、相当なモチベーションと共に
どんな困難にも立ち向かう覚悟で就職活動を行い、社員として始めることになりました。

しかし働き始めてしばらくは思った以上に辛い日々でした。

それでも、乗り切れたのは強い思いがあったからこそだと思っています。
なので、もし生半可な気持ちで就職を考えているのなら辞めた方が良いと思います。

ベンチャー企業の魅力と言えば成長が未知数で、上手くいけばかなり早い出世が望めるし、
それに伴って給与面にも反映されていきます。
実際私は入社して5年目を迎えるのですが、同年代の人と比べれば貰っている給料は良い方だと思います。

しかしながら当然落とし穴もあります。
就活時にしっかりと就職する側としても相手の企業をしっかり見極めないと、
伸び悩む業績の中長い間低い所得で働かされる会社の犬となりかねません。

そこはしっかりとした企業研究をして今後の見込みなどをある程度掴む力が必要になってくるでしょう。

と言ってもいくら研究したとしても、予想以上に伸びなかったりすることもあるでしょうから、
実際問題、難しいでしょう。

こんな言い方をしてはなんですが、ベンチャー企業というのはそういった運というのに賭ける
就職先でもあると理解しておいた方が良いでしょう。

どんな人に向いているのか?

性格的に言えば挑戦的・野心的な人が向いていると思います。
先程も軽く触れましたが、上手くいけば大企業に就職するより良い給料をもらえたりしますし
良い意味でも悪い意味でも1年後が分からないですし、
少ない社員である点から貴方に掛かる比重も大きくなってくるわけです。

なのでより強い責任感を持って仕事にあたりたいと思っている人には向いていると私は思います。

今私が働いている所でも毎年新卒の方たちが新社会人として10数名入ってきていますが、
半分ほどは1年経たずに辞めています。
しかし逆に1年以上経っても続けられている人は素晴らしい精神力を持った人材だと思います。

ベンチャー社員が語る「若いうちの苦労は買ってでも」の理由

歳を取ると無理はできない。だからこそ苦労は若いうちに。

私が自分より若い人たちに言いたいのは「若いうちに苦労はした方が良い」という事です。
正直先輩からの受け売りの言葉ではあるのですが、聞いていて本当にそうだなぁと思います。

年齢が行ってくるとどうしても無理が出来なくなります。
若いうちにした苦労は経験となり、様々な局面で活きてきます。

それはたとえ今のベンチャー企業を数年後辞めて転職したとしてもその転職先で活きてくるでしょう。
そういった社会的経験を積む意味でもベンチャー企業は良い学び場だと思います。

まとめると、ベンチャー企業に就職する事は楽ではないという事と、
頑張ればその分経験値的な点も含めて見返りは大きいという事です。

貴方の挑戦を待っています。

編集部より

本コラムは、神戸学院大学・経済学部卒の、[馳せる邉]様(ペンネーム)よりご寄稿いただきました。
ありがとうございます。

就活SWOTでは、ベンチャー企業で働く社会人の方からの寄稿を募集しております。
興味のある方は、問合せフォームよりお問い合わせください。

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

Tags: ,

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削