就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

「TOEICはいらない」と断言できる ただ1つの理由 。「グローバル人材」を求める企業のちゃんとした選び方


もしもあなたが学生で英語の強化をしたいと考えて
TOEICの点数をとる勉強をしているのであれば、止めましょう。

もしもあなたが経営者、もしくは人事でTOEICの点数を基準に
「グローバル人材だ!」などと判断するのであれば、止めましょう。

無駄です。

二度言います。

無駄です。

では、なぜそれを断言できるのか?といえば、非常に単純。

『使えないから』です。
では、どういう風に『使えない』のか。

TOEICのスコアが高いからといって、
英語のビジネスメールがしっかり書けたり、英会話ができない
という問題は以前から浮上してきています。

しかし、その指標として明確な基準も実はあるのです。

TOEICでは『VISA(滞在許可証)』がとれません。
また、海外大学に留学することもできません。
※イギリスの場合、制度に一部変更があり、従来のTOEICに加えて、
TOEICのスピーキングテストとライティングテストで
一定以上の点数が取れれば英語の資格として認められるようになりました。
ですが…

しかも、海外でのTOEICの知名度は皆無に等しく、
日本企業と韓国企業(+中国の一部企業)以外では
「…は?なにそれ?」という表情をされてしまいます。

つまり、
『英語圏の人々から英語の資格であるとは認められていない』
『その資格で英語でのコミュニケーションとるには不十分でしょう』

と判断されているのです。

これを考慮すると『TOEIC』のみを取得することに意味は見いだせません。
TOEICの点数で英語の力を標準化することなどできはしないのです。
   

英語力、ないし外国語を求めている企業は?

ここで1つの問題が生じます。
では、本当の意味での外国語力をどのようにして判別するのか?
ということです。

これは学生側の指標にも、企業側の指標にもなるのですが、
本当の意味でグローバル人材を有している企業は面接の途中の段階で
英語や該当する外国語での面接を挟んでいる場合が多い印象を受けます。

例え、それが海外に留学をしたことのある学生だとしても同様です。
(余談ですが、海外に1年留学しても英語、ないし
留学先の言語を話せない学生もやはりざらに存在しています)

英語の面接で「実際には会話ができない学生」を判別しているのです。
(いわゆる年収が良い外資系企業は導入している確率が高い印象があります)
さらに言えば、独自の英語試験を導入している企業もあります。

また、学生の視点から考えると英語や外国語の面接なしに
特に海外での経験がある「グローバル人材」
を欲している企業は気をつけた方がよいかもしれません。

ケースとしては少なくなってきましたが、「グローバル人材」と称して
「グローバル的な考えができる、柔軟な思考ができる人材」
を求めるケース
があるからです。

そのようなケースの場合、学生と企業との間にギャップが生じている場合もやはり多く
「数年後に海外勤務ができると考えていたが、そんなことは一切無く…」
といった結果に至り、退職したり、大したパフォーマンスが発揮できなかったり…と
お互いに幸せでないパターンも見受けられます。

そのため、学生の方は「グローバル人材」を欲する企業で
「英語やその他外国語での面接」がない企業は気をつけた方がよいかもしれません。

また、企業側も「グローバル人材」の定義をしっかりと提示して学生を募集しましょう。
でなければ、上記のようにせっかく獲得した人材が流出する…ということが発生してしまいます。

では、どの資格であれば本当に使えるのか?

筆者が英語の資格としてオススメしているのは、『TOEFL』と『IELTS』です。

理由としては、『TOEIC』を英語の資格として否定した内容との正反対で、『TOEFL』と『IELTS』は両方共130を超える国々、7000以上の機関がスコアとして認めています。

つまり、この二つは「正式な英語のスコア」としてネイティブスピーカーに認められているのです。
(もちろん、ケンブリッジ英検や国連英検などもありますが、今回は外しておきます)

リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング

を満遍なくテストできるからです。
さらに言えば、個人的には『IELTS』をオススメします。

理由としては『TOEFL』と比べてある程度までのスコアの獲得がしやすいのと、もう一点。
スピーキングのテストでは『英語のネイティブスピーカー』が試験官となるからです。

具体的に物事をしっかりと説明できなければ、点数を獲得することができません。

すなわち、『IELTS』の点数が大学、もしくは大学院ビザ申請レベルまで
獲得できているのであれば、ある程度までは安定して交渉できると考えてよいでしょう。

さいごに

今後は仕事だけでなく、生活においても英語の重要性は今後になってきます。

単純に海外旅行をする時にもそうです。
英語ができるだけで、受けられるサービスの質は上がり(しっかりとクレームを付けなければ、元来受けられるはずだったサービスが受けられないことは日常的にあります)、それに必要なコストは下がります。代理店に依頼すれば3000円〜10000円のマージンが取られるものをカットすることもできるのです。(それが重なれば、なんと数万円単位で費用が浮くこともあるのです)語学ができるメリットはそれだけには留まらないでしょう。

そしてそのような『使える英語』は『TOEIC』では培うことができません。

ぜひとも『実用的な』英語のスコアを取るような勉強をしましょう。
そして、企業側も『実用的な』英語のスコアを評価するようにしてください。

それだけで『日本人の対外交渉力』は大幅に上昇する可能性があるのですから。

他の社会人・内定者の意見も聞いてみました。

金融業界事務職内定者(大分大学教育学部)

ビジネスで使う英語が多少身についたかも分かりませんが、TOEICの点数について書かせたり聞いたりする企業がほとんど無かったので、就職活動ではあまり活用する機会がありませんでした。
友人も同じような事を言っていましたし、入社してからTOEICを受験させる企業が多いみたいです。

医療関係 渉外職(福岡大学理学部2008年卒)

私は一度大学を卒業してから5年ほど働いていたのですが、語学を身に着けるためニュージーランドへ留学し、そこでTOEICを受験してまた新たに就職活動をしました。TOEICのスコアは多少参考にはされたようですが、面接ではやはり実際に使える英語を話せるかどうかがポイントとなりました。

アパレル一般事務(文京学院大学経営学部2011年卒)

TOEICは就活をする前に受けておくべきです。
受験することで自分の実力を知ることもできますし、高得点を取ればそれをアピールすることができます。
ビジネスで英語を使う企業では、TOEICで学んだことを活かせます。

旅行業セールス職(明治大学文学部2008年卒)

業界的に英語の資格というのは面接においても、実際に働いても役に立ちました。
少しでも他の人と差をつけるには資格も役に立つと思います。

外資系モバイル通信インフラ企業エンジニア(近畿大学理工学部2012年卒)

うちは外資系企業かつ社内公用語が英語のため、面接でもTOEICのスコアを見られました。
でも実際はスコア自体ではなく、そのスコアを取るまでの過程を面接で話した感触が良かったように思います。
要は英語力よりも、英語を勉強する意思意欲があるかどうかってことでしょうか。

保険会社・事務職(立教大学観光学部2007年卒)

就職活動前にTOEICを受験しましたが、正直面接で触れられることはありませんでしたし、特別就職活動に有利ではありませんでした。
しいて言えば、履歴書の隙間を埋められるということぐらいでしょうか。
ただ、高い点数を取っていれば面接で突っ込まれることもあるかもしれません。

金融業 総合職(明治大学 法学部2007年卒)

「TOEICを受けて就活に良い影響があったか?」
という質問をされると、私の経験では全くありませんでした。
メガバンクなどの金融機関をメインに就活をしましたが、TOEICの点数を聞かれたことは1度も無かったです。
「英語でのコミュニケーションが取れますか?」という質問はありましたが、必須という感じではなく、あれば尚可くらいで参考程度の質問でした。

編集部から

業界や職種によっても、TOEICに対する見方は変わってくるようです。
実際に英語を使う職場であれば「使える英語」を身につけることが重要になりますし、
特段英語を使わない職場でTOEICを求められる場合は、
努力して高い得点を取ったことやそのプロセス自体が評価されることもあります。

就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント!)

Tags: ,

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削