就活SWOTは、就活対策方法や企業分析、選考対策情報などが全て無料で閲覧できるポータルサイトです。

ログイン/無料会員登録

(登録者には、 就活入門資料 / 面接対策資料 も無料プレゼント。 就活カレンダー でES〆切もチェックできます!)

失礼のない内定辞退の方法とは?【プロが教える就活術】

4,488 views

皆さんは就職活動中に、何社応募しましたか?
数十社、数百社という方も多いことでしょう。

就職活動では複数の企業に応募するのが一般的です。
中には、数社から内定を頂いている方もいらっしゃるようです。

その場合、自分が入社を考えていない企業には、
【内定辞退の連絡】をしなければなりません。

内定辞退
「プロが教える就活術」は株式会社 and(and Inc.)代表取締役社長
小路 聖也 氏よりご寄稿頂いております。

内定獲得後も就活継続する方は、
「内定お祝い金」がもらえるこちらのサイトにも登録してみると良いでしょう。

今回は、内定辞退について書きたいと思います。
是非、参考にしてみて下さい。

◆内定辞退をする意味

基本的に企業は、内定辞退を考慮したうえで採用を行っています。
例年の過去のデータを基に、応募者に対し、採用予定人数+αで内定を通知します。

ですが、データ通りにいかない場合もあり、その場合、
新たにコストをかけて採用を行ったり、採用の見直しを行ったりと、
人材採用戦略を再度立て直す必要があります。

ですので、自分が就業したい企業が決まったら、
他の内定を頂いている企業には責任を持って、すぐに連絡するようにしましょう。

<参考>入社承諾書にサインをしてしまった場合は内定辞退できる?

内定辞退者を防ぐ為に、内定者に対し、
入社承諾書にサインを求める企業も最近増えてきています。

サインをしていても入社承諾書自体には法的効力はありませんので辞退は可能です。
が、サイン(契約)をしてしまったら、企業側に対し、
多大な影響があることだけは認識しておいてください。

◆内定辞退の理由と方法

数社内定を頂いていて、就業の意思がない企業へは素直に他社に行く旨を伝えて結構です。

内定辞退をした企業から、「どのような企業に行くのか?」「会社名は?」など、
根ほり葉ほり聞かれることはあまりありません。もし聞かれても、答える必要もありません。

素直に理由を伝えて下さい。
伝え方としては、電話や手紙、メールでも結構です。

ただ、採用担当者のもとにしっかり届く手段を選択することだけは心がけて下さい。

内定辞退をすることは、大変気を使いますが、
相手のことを第一に考え、しっかりと責任を持って行いましょう。

【ホウ(報告)レン(連絡)ソウ(相談)】という言葉をよく耳にするかと思いますが、
社会に出たら当たり前のことですし、どこで、どんな縁があるかもわかりません。

社会人としての責任だと考え、早い段階でしっかりと採用担当者に伝わるよう連絡してください。

▼著者紹介 小路 聖也

株式会社 and(and Inc.) 代表取締役社長。
ヒューマンリソース事業を中心に、そこから派生したコンサルティング事業や
人材紹介事業を行う、採用のプロフェッショナル。

 


Tags: ,

就活SWOTに登録すると、 企業の採用スケジュールが一目でわかる就活カレンダー自分のESの問題点がわかる自動添削機能就活ノウハウのまとまったレポートなどを使うことが可能になります。 自己分析やES・面接対策方法がわかる記事や、 選考レポートも掲載され、全て無料で提供されています。

エントリーシート自動添削